Suite Sweet Suite

キミが鍵を開けたから、最後の部屋が とびきりSWEETなスイートになった
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月

エレキギターとキーボード ~セッションの思い出~


 session3.jpg



セッション行ってまいりました!

出会いと音楽に感謝。

(そしてカカオに惚れ直した私・・・)

とても楽しい一日でした*^^*


シロップ




Suite Sweet Suite | Comments(-) | Trackbacks(-)

よれた毛皮の中の・・・


けっこういつものことだけど
会う前は忙しすぎて
髪は伸びっぱなし
寝不足で肌荒れ
買う暇がなくて見慣れた洋服

それでも二カ月ぶりの逢瀬
そんなのは吹っ飛ぶくらい
きっと嬉しく思ってくれる


1年間のうちの6分の1会わなかったね

少し歳を取っちゃった

だけど外見の変化より
頑張った内面のぶんだけ
美しいときっと思ってくれる
私があなたにそう思うように


もうすぐ行くからね
早く会いたいな




シロップ



     **********



久しぶりにカカオと音楽で遊んで参ります♪
会いたいひとたちに会えるのも、とても楽しみ・・・!




20170730.jpg






Suite Sweet Suite | Comments(-) | Trackbacks(-)

とある農耕民族の呟き


コツコツ積み重ねるように
生きてきた私だけれど

それが最良の方法だと
決めてるわけじゃないの

逃げ出したいとき
逃げなきゃいけないときは
何度もあったのに

ただやりかたがわからなくて
そうしなかっただけ

何十年もかけて耕した
小さな土地に
わたしはひっそり立ってるの

ねえ
ずっとここにいてなんて
わたし言わないよ

出会えて本当に良かった
一緒にどこへでも行こう

行きたいところに行こう
時には逃げるようにでも
手を繋いで出かけよう

あなたってすごいねえ、なんて
私はきっと笑ってる

うんざりさせる瞬間も
あるかもしれないけれど
大丈夫
見失わないよ


心似てるとこがあるけど
別々の身体で生まれて良かった

だから私たち手を繋げる
お互いの安全基地になれる
愛し合い、いたわり合える


一緒に行くよ
時には逃げるようにでも
きっと私はずっと笑ってる

私たちらしく旅しようね
大丈夫
決して見失わないよ



シロップ


20170726.jpg



Suite Sweet Suite | Comments(4) | Trackbacks(-)

ボクの「人生3分の1」ジ(フ)マン

人は「人生の3分の1を寝て過ごしている」んだって


あぁ、ボクはなんてシアワセモノなんだろう

だってボクほど
寝ることが好きな人って そういないと思う


ドカッとベッドに倒れ込んだ時の あの幸福感♡

まどろみの時間を名残り惜しく思うくらい
寝つきもほぼほぼ良好で

たとえ嫌な夢、怖い夢を見たって
小説や映画のようなモンだもん
頭の片隅ではフィクションだってわかってるし
自分の脳のどこかに潜む何かが創り出してるんだと思えば
こんなに興味深いモノはない

最近は朝方になると腰がガチガチに固まって
「ぐわぁ~痛ぇ~!」って目が覚めたりもするけど
ふと時計を見たら
「まだあと○分も寝れるじゃん♪」って
ほら、また味わえちゃった あの幸福感♡


あぁ、ボクはなんてシアワセモノなんだろう

人生の3分の1を
こんなにも好きなことに費やせているんだ



ひとつだけ、いつも思うのはね

これで隣りに
キミがいたらな…ってこと

001-32-10.jpg


カカオ



カカオの部屋 | Comments(6) | Trackbacks(-)

フェネックたちの夏

夏に入る前は毎年忙しくて・・・

今も、しなければならない仕事の山を横目に
このブログを読み返してみると、
昨年も同じようにあっぷあっぷしながら
机に向かっていた様子でした。


カカオとは先月頭のコンサート以来
会えていなくて・・・

お互いに忙しい状況の中
励まし合いながら過ごしています。


今の楽しみは、もう少し先の夏休み、
毎年恒例の2人旅行。

いつもよりたくさんの時間を手に
今年は少し遠出をして
2人ともが行きたかった場所に行くのです。


     **********


初めての旅行のとき、
もうただただ、一緒にいられることが嬉しくて・・・

そこがどこなのかも、どうでも良くなるくらい(旅行なのに;)
お互いのことだけ見て過ごしました。

その翌年は、もう少し旅行らしく
ささやかな計画を立ててみたり

また翌年は行き先だけ決めて
あえて何も決めず自由に行動したり・・・

どんな過ごしかたをしても、やっぱり
「今日は帰らなくても良い」という安心感や喜びが
いつも以上に心を解放させ、
2人の時間を素敵な思い出にしてくれました。


今年もまた、普段は出不精な私たち、
年に一度のワクワク感を胸に
手を取り合って、二匹のフェネックになり
炎天下の中駆け出していくのです*^^*




・・・その日が来るのは、まだもう少し先・・・

それまで今しばらく、人間の社会の中で
すべきことを頑張りつつ・・・
心のスイートルームで逢瀬を楽しみたいと思います。




シロップ


20170718.jpg
Suite Sweet Suite | Comments(12) | Trackbacks(-)

それがボクの愛し方

静かに 静かに

息をするようにキミを愛し


いつも いつまでも

ひんやりと澄んだ水を貯えた

キミの井戸でありたい



カカオ



0002-30.jpg



Suite Sweet Suite | Comments(10) | Trackbacks(-)

ストライクじゃなくても

カカオと「好きな女性のタイプ」について
話していたんです。

それでね・・・

カカオって、その・・・
どちらかというと、「『明確なタイプ』がないタイプ」
ではあるんですけど・・・

それでも、いいなぁーと思う芸能人や
今まで好きになったひとの話を聞くと、
外見だけでなく内面も、
まったく似ていないひとばかりなんです
・・・私と。



「タイプ」っていうのも不思議なもので、
例えば私はカカオが大好きだけど
カカオというひとが果たして、熱いのか冷たいのか
強いのか弱いのか、激しいのか穏やかなのか
ひと言で説明するのは、とても難しい。
(あえて言うなら愛をもって「複雑なひと」と表現します)

けれどそれでも、私が自分の好きなタイプを挙げると
やっぱりカカオにどこか似たひとになります。

タイプが一貫してるのと、そうでないのと
どちらが良いなんて勿論ありませんが、
カカオの良いと思う要素 
(例えばキリッとした美人系・・・
 ノーがはっきり言えて意思が強い・・・
 華がある・・・etc)
を一列に並べると、私は明らかに異質で、
そのことが私を、不思議な気持ちにさせます。
(自立してる・・・とか、人に優しい・・・とか
 合ってるところもあるけど;)←でもこれって当たり前・・・



前にカカオが言ってくれました。
「どうしてだかわからないけど、
ボクはシロップがいいんだよ(笑)」

理由なく好きだと思ってくれることに感謝しつつ
何かのときに、「タイプである」という
原始的な快感?プラス要素?が無いということに・・・
なんだか「申し訳ない」なんて気持ちが
浮かんできたりもしてしまう私です^^;



でもこれも不思議なことかもしれないんですが
私はこのことで、不安にはならないのです。

理由はもちろん、カカオの愛情が
じゅうぶんに伝わっているからであり・・・

そのことが私に、一生かけて(楽しみながら)
努力したいと素直に思わせてくれます。


それから1つだけ・・・実は私が密かに
カカオのタイプの一角を担っていると思えることがあります!

それは私が、その複雑なカカオを
理解したいと願い続け、努力し続けられること。

カカオがボソッと呟くことが大好きで・・・
その呟きの中に出てくる「キミ」が
私のことでなくていいって心から思え、
心からワクワクしてそれを読めること。

それって私の生まれ持った
カカオと愛し合えるための大事な要素じゃないかって・・・

密かに思っているのです。




シロップ

20170708-10.jpg




Suite Sweet Suite | Comments(4) | Trackbacks(-)