FC2ブログ

Suite Sweet Suite

キミが鍵を開けたから、最後の部屋が とびきりSWEETなスイートになった
2018年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年11月
TOPSuite Sweet Suite ≫ 世界で一番素敵な女性

世界で一番素敵な女性

先日、とある必要に迫られて
カミングアウトする機会がありました。

相手はもう20年以上前から知っている
同業者の男性です。

私の恋愛対象は女性なのだと告げた時
その人は相当驚きながらも


「それじゃ、あの時や、あの時も、
 つらかったのじゃない?」


と、純粋に私を思いやってくれたので
今度は私の方がびっくりしました。

そしてもう一つ驚いたことは、


「・・・男性になりたいの?」

と、聞かれたことです。


(カミングアウトは、
 場合によっては相手のご迷惑にもなるので
 滅多とはしないのですけれど、
 この時はそれが必要な事情があったので・・・)



私は普段、かなりフェミニンな格好を
好んでしているのですが、
(過剰でなければレースもリボンも好きです)
「恋愛対象が女性なら、もう片方は男性」という
シンプルな思いこみ(?)を正面から受けて
けっこうびっくりしました。
(別に嫌じゃなかったですが


女性として、女性が好き。

これはこれで、かなり
シンプルなことだと思うのですが、
違和感がある人もいることは知っています。

違和感どころか、

「異性に相手にされないから同性に走っている」
あるいは
「異性に飽きたから同性に手を出している」
はたまた
「異性に嫌な思い出があるから同性に傾倒している」
など、
そこに異性を絡めた様々な理由づけを
しようとする人もいます。


同性愛者にも色々な人がいるので、
上記のような理由に当てはまる場合も
もしかしたらあるかもしれません。

けれど多くの場合は、あまり異性は関係がなく
「同性に魅力を感じるから」
という、ごく単純な理由のような気がします。
(少なくとも私はそうです)


「好きになった人がたまたま同性だった」
というお話もよく耳にするので、
あくまでも人それぞれだとは思います


「男になりたいの?」と聞いたその人は
私がカカオと並んでいるのを見たら
どう思うかな。


20180919-10.jpg


「あ、こちら(カカオ)が男役なのね・・・」
と、思うだけかしら。

20180919-20.jpg
  (し、失礼かしら  良い意味でです )



でも私は、カカオの見た目よりも
女性として生きてきた中で培われた
カカオのバランス感覚が好き。

それは私が、女性に感じる一番の
女性的な魅力なのです。

だからカカオがスカートを履かなかろうが
足を開いて座っていようが、
私にとってはこの世で一番素敵な女性。

そういうことって、
なかなか説明しにくいから・・・

カカオが男役、私が女役。
そういうふうに見えていること、
私もカカオも、ごく自然に受け止めて
普通に笑う日常です。

心の中で、
リアルでもカカオとシロップみたいな姿だったら
楽だったかもねー、なんて
ちょっぴり思いながら。



シロップ


20180919-30.jpg

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
Suite Sweet Suite | Comments(-) | Trackbacks(-)