FC2ブログ

Suite Sweet Suite

キミが鍵を開けたから、最後の部屋が とびきりSWEETなスイートになった
2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
TOPSuite Sweet Suite ≫ 2人の夏休み・3~別れの危機を越えて~

2人の夏休み・3~別れの危機を越えて~


その2 からの続きです。


夜は仲間のライブを聴きに
2人で出かけました♪

前の夜の、カカオと私も出たライブで
名残惜しく別れた仲間たちにも
またたくさん出会えて、幸せな気持ち。

私が普段主に携わっている音楽とは
ジャンルが違うけれど、大好きな音。
心がワクワク踊り、気持ちが高揚し
隣にいる人と思わず手を繋ぎたくなるような
本当に素敵な空間でした。



実は・・・というほどのことでもないのですが、
しばらく前に、カカオとの間で
深刻な話し合いを繰り返していました。

お互いの性格がどうとか、
そういうことで喧嘩をしたりは
(過去にはありましたが^^;)今は殆どなく、
先のことについて真剣に考え、
選択しなければならない時が来ていました。


ずっと以前の幼い頃、観ていたテレビで
駅のホームで涙ながらに別れる恋人たちに
辛口コメンテーターが言っていたことがあります。

「泣くぐらいなら行動すればいい。
 子どもじゃないんだから、
 やろうと思えばいくらでも環境を変えられるのに
 それをしないでいるのは自分の勝手、泣く権利もない」

幼い私は、ふうん、なんて聞いていましたが
今はその時とは違う気持ちです。

誰もがそうだと思うけれど、
様々なしがらみの中で生きていて
自分の欲求だけで動くことは難しい。

カカオも私も、それぞれの場所でやるべきことがあって
それを疎かにしたり、自分本位の我儘を通さない、
そんな相手だからこそ好きで、尊敬できるわけで・・・

でも、だからといって
このまま何年も離れ離れで暮らすのは
それはそれで確かに、かなり無理のあることでもあり。

ゴールの見えないマラソンは
あまりに続くと、気力までも奪ってしまいます。


もしかしたら、別れるという結論になるかも。

話し合いの最中に何度か
そのように思いました。

カカオと恋人ではなくなる。
それは私にとってつらいを通り越し
想像すらうまくできないことでした。

カカオ地方の仲間たちのことも
何度も考えました。

もう、「カカオの彼女」としてだけではなく
私自身の友人だと言える、大好きな仲間たち。

もう会えなくなるのかもしれない。

カカオともし離れることになったら
私はおそらく、カカオと友人に戻るのは
私の性質的に難しいと自分でわかっています。

カカオのことは人として好きだし尊敬しているけれど
屈託無い友人として出会ったり
仲間として一緒に音楽をしたりするのは
たとえ出来たとしても、
相当の時間が経ってからのはず・・・

だとしたらもう、同じ場所にも行けないよね。

そんなふうに考えては
ため息をついたり、涙が浮かんだり
そんな時期を過ごしていました。



そんなことがあったので、今回
カカオと一緒にライブに出たり
仲間のライブにカカオと一緒に行ったり、
もう出来ないかもしれないと思ったことが
できている幸せに、何度も感謝しました。

「考えることはたくさんあるけれど、
 今はお互いができることをできるだけしつつ
 その中で楽しみを見つけて、頑張っていこうね」 

もうちょっと具体的にですが、
そんなふうに話し、
カカオとは強く手を握り合いました。

会えなかった3か月。
色々あったけれど、もう大丈夫。
というより、話し合わなければならなかったことを
きちんと話して一緒に考えられた、
大切なきっかけでした。


幸せな気持ちのまま、ライブ会場を後にして・・・

夏休みも、もうすぐ終わり。

20180912-2.jpg

もう少しだけ、続きます^^;



シロップ



にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村


「たとえ何があったって、友だちなのは変わりないし
 いつでも会いにいくんだからね!」

相談したとき、友人がそう言ってくれました。

私も同じ気持ちです。
本当にありがとう*^^*










スポンサーサイト
Suite Sweet Suite | Comments(-) | Trackbacks(-)