FC2ブログ

Suite Sweet Suite

キミが鍵を開けたから、最後の部屋が とびきりSWEETなスイートになった
2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
TOPカカオの部屋 ≫ 生活、ばーかばーか

生活、ばーかばーか

雨が小降りになるのを待って
稲子の散歩に出かけた真夜中過ぎ、
立ち並ぶマンションに囲まれた公園のわき道を歩いていると、

突然どこからか
子どもの激しい泣き声が聞こえてきた。


尋常ではない勢い。
数分足を止めていたが、一向にやむ気配がない。



もしや・・・



 20180513-90 - コピー - コピー (2)



アチコチあたりを見回してみると、
一棟のマンションの中ほどの階のベランダに
白いランニング姿のお父さんらしき人が
赤ちゃんを抱っこして立っていた。


ただの夜泣きか・・・
でもお父さん・・・なんかボーっとして
全然あやしてる感じがしなくない?



ま・・・まさか・・・



 20180513-90 - コピー2



いやいや・・・まさかね。
きっとお父さんも、お疲れで眠いだけ。

それにしても、大きな泣き声だ。
周りの建物にも反響して凄いことになってる。

お父さん、
そろそろ部屋に戻らないと・・・



近所のヤバイ人が怒鳴りこんできて・・・



 20180513-90 - コピー - コピー2



子どもの泣き声ひとつから、つい
「虐待」
「育児疲れからの子殺し」
「騒音問題からの傷害事件」
まで想像しちゃうボクは・・・おかしいのか???

でも、今のご時世、
一概に冗談とも言えない懸念のような気がする。

こんなモノが次々湧き起こってきちゃう社会って・・・
何なんだろ?

日本って・・・こんな国だった・・・???



稲子に促され、複雑な気持ちのまま帰路についた。

終電が着いたのか、駅の方から
疲れた表情で家路を急ぐ背広姿の男たちとすれ違う。

それぞれが、それぞれの不満や不安やストレスを
抱えながら暮らす世の中。


生きるって、大変。

生活って、イジワル。

生活、ばーか、ばーか。


1人より2人、2人より3人・・・の時代はもう終わり、
1人の方がよっぽどマシと思えてしまう時代に
本当になってしまっているのかもなぁ、と思う。


それでもボクは、
1人よりシロップと2人・・・
ばーかばーかな生活も、一緒に乗り越えていきたいな。

そして、
『人間が人間らしい情を持ってふれ合える社会』のために
何が必要かを考え、
ほんの少しでも、自分にも出来ることを
実践していかなきゃいけないと・・・

あらためて、そう思う。



カカオ
20180610-2.jpg

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

   ↑
追加で新カテゴリに参加させて頂きました。
どうぞよろしくお願いします!

(相変わらずコメント欄を閉じた状態が続き、申し訳ありません!
 何かございましたら、どれでも欄の開いている過去記事にて
 お知らせいただければ幸いです)


Twitter、お気軽にフォローください♪
カカオ&シロップ



スポンサーサイト
カカオの部屋 | Comments(-) | Trackbacks(-)