FC2ブログ

Suite Sweet Suite

キミが鍵を開けたから、最後の部屋が とびきりSWEETなスイートになった
2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
TOPSuite Sweet Suite ≫ 「拍手をもらうために」

「拍手をもらうために」

「拍手、ありがとうございます。
 拍手、嬉しいです。
 私は何のために歌っているかというと、
 拍手をもらうために歌っています」

女性ロッカーが集まる弾き語りライブを観に行った時、
物凄い声量、魂込めてますという感じで熱唱していた
一人の演者さんがそう言っていました。


ボクは時どき(音楽に限らず何でも)自分は、人は、
「これを一体、何のためにやっているんだろう」と
考えてしまうことがあります。

自分のことでは大抵、ある種の虚無感を覚えつつ。
人のことでは多分、
自分にも当てはめられる良い答えがあるのでは?
という淡い期待を抱きながら。

「好きだから」「楽しいから」、それが喜びとなる。

“生活のための仕事”はまた別としても、
人が進んでする行動のほとんどは
そこからくるのでしょうね。

楽しもうと何かに取り組んでいても、ヘタするとすぐに
「一体何のために」なんていう思いにかられ、
純粋に楽しめない、頑張れない、続かない自分。
大きなコンプレックスの1つでした。

「好き」や「楽しい」を全身からみなぎらせながら、
それでもあえての

「拍手をもらうため」

その演者さんのセリフに安堵にも似た共感を覚えながら
ボクは自分が

(相変わらず、承認欲求だけは人一倍強いんだな)

と、ひとり苦笑いしたのです。


でも、待てよ・・・

いや、それって・・・

ボクの「好き」とか「楽しい」は、
結局人から承認されるってことなんじゃない?

つまりボクの(悲願の?)“心底没頭し得る趣味”って、

『承認欲求満たし』・・・なんじゃない?



あったじゃん、自分にも!


と、気づいてしまいました♪


誰からだろうが何であろうが承認されればよくて
好きじゃない事でも出来る・・・
というワケではないのが人間の(ボクの?)
面倒くさい(欲張りな?)ところですけどね(汗)


ボクはブログを通してシロップと出会い、
やがてシロップは
「誰よりもこの人に一番認めて欲しい」
と思う存在になりました。

そのシロップがボクを好きだと言って
常にそばにいてくれることで
ボクの承認欲求は満たされ
いい意味でずいぶん落ち着いたように感じています。

つまり、前記事でシロップがボクのことを
「自分にとって親友のようであり母親や姉のようでもあり」
と書いていましたが、
ボクにとってもシロップはそうしたいろんな存在である上さらに
趣味でもあるワケです。

どうりでどんなに喧嘩して「コノヤロー」と思っても
どうやってまた理解や承認を得ようかと頑張ってしまう。

一番欲しいモノが得られるとわかっているのだから
「一体何のため?」なんて虚しく思うはずもなく、
ボクはその時、
人生における最大の趣味を謳歌しているとさえ言えるはず。
(実際渦中にいる時も、そう思えるよう頑張ろう)


だから
これからは他のいろんなことも・・・

過程でミョーな虚しさを感じたりすることなく、
かと言って、もうガツガツと結果を追求する必要もなく、
出来ること、したいことを余裕を持ってしながら、
ボクが楽しめることに繋げていけたらいいんだと思っています。

ボクの『承認欲求満たし』の趣味に♪



カカオ
20180430-10.jpg


にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
Suite Sweet Suite | Comments(-) | Trackbacks(-)