FC2ブログ

Suite Sweet Suite

キミが鍵を開けたから、最後の部屋が とびきりSWEETなスイートになった
2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
TOPシロップの部屋 ≫ どんな関係でも、ずっと好きなままで。

どんな関係でも、ずっと好きなままで。

カカオと私とは恋人同士という関係だけれど、
ときどきカカオのことを
親友のように感じたり、あるいは
母親とか、姉のように感じたりすることがあります。


私が小さい頃に親をなくしているから
恋愛と母親への思慕を混同しているのではないか、と
昔、そういう意見を気にしていた時がありましたが、
今は、精神的、経済的に
親代わりに依存するというのでないならば
恋人をあらゆる存在として感じるのは
ごく自然なことなのではないかと思うようになりました。


母親や姉、女友達といった、同性に限定してではなく
中性的な部分のあるカカオは、時に兄のようだったり
父親や弟のように感じられたりもする、
私にとってはとても、豊かな人間性でもって
多方面から尊敬できるかけがえのない人であります。



     **********



このことを考えると、いつも思い出すこと。


カカオと私は、ずいぶん昔のことになりますが
一度恋人という関係を解消したことがあります。

振られたかたちになった私もつらかったけれど
振らざるを得なかったカカオはもっとつらく
お互いにとって、試練のときでした。


私はまだカカオのことが好きで仕方なくて
だからこそ、もう友人として
連絡を取ったりすることはできないと思いました。

これ以上は恋人の領域、というところで
線引きされることが耐えがたく、また
好きという気持ちを表さないことが難しすぎたのです。


けれどカカオは、そうではなく
私が困った時は力になりたいし、
それは恋人でなくなっても何も変わらないと言いました。

私がそれを拒むと、カカオは寂しそうに
「恋人じゃないなら必要ないということならば
 私という人間そのものが好きなのとは違うんじゃないか」
と呟きました。


当時とても考えさせられたのを覚えています。

本当に好きだったら、別れても繋がっていたいと思うのか。
それとも本当に好きだからこそ、それが無理なのか。

正解などはなく、人によって違うのだろうけれど・・・
私は無理な方の人でした。


そうすると、考えるのが冒頭のこと。

カカオを親友のように姉のようにも思う・・・
どのカカオも魅力的で大好きに思う。
これは本当のことだけれど・・・

私の場合、「恋人であること」が大前提で
他のどんな部分も、恋人であるからこそ
好きだということでしかないのだろうか・・・

そんなふうに悩んでしまうのです。


これからもっと歳を重ねていくにつれて
恋人の部分は別の役割にシフトしていくのが自然だし
難しい問題だけれど・・・

カカオともっともっと、ずっと一緒にいて
もう恋人とか、親友とか、家族とか、
そういう言葉での関係性を超越して
「カカオ」と「シロップ」という、オリジナルで
かけがえのない関係になれたら・・・
それが一番素敵なのかもしれない、と思います。


20180428.jpg

・・・だけど・・・
恋人を超えた関係になるのが目標とは言っても
別の恋人をもしカカオが作ったら、嫌だなあ・・・

そう思うと、やっぱり恋人というのは
私にとって唯一無二の関係性であって
ずっとカカオにとってのソレでいたいものみたい。


うーん・・・
私もカカオにとって、母であり妹であり姉であり
そしてやっぱり恋人でもいられるよう、
これからも努力していきます・・・が、いいのかな

まとまりませんが、このへんで・・・



シロップ



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
シロップの部屋 | Comments(-) | Trackbacks(-)