FC2ブログ

Suite Sweet Suite

キミが鍵を開けたから、最後の部屋が とびきりSWEETなスイートになった
2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
TOPカカオの部屋 ≫ カカオ微パーセントの嘆き

カカオ微パーセントの嘆き

最近アチコチで頻繁に遭遇する問題・・・



ボクがどんなに歩み寄ろうとも


いたるところに手を差し伸べてみようとも


はたまたヤケになって飛び跳ねてみても





自動ドアが開いてくれない!

20180423-10.jpg


あんまりなので
「ボクは本当にいるんだろうか?」と
思わず疑ってしまうほど。

笑いを噛み殺しながら見ている人がいるし、
なんだかんだと、文字通り右往左往していると
ドアもそのうち開くので、
存在していることに間違いはないらしいが。


ではボクは・・・

薄くなってきているのかな・・・?


(ここで自己主張したところでね)

(ここで本音を語ってみたところでね)


そんなふうに思って
口を閉ざすことが多くなってきたこの頃。

別に丸くなったワケでも
大人になったワケでもなく・・・

きっとボクの意識がまた
ボクに退屈して彷徨い始めたのかもしれない。


向かった方角はわかっている。

着地点をみつけて迎えにくるまでは
耐えるしかないのだろう・・・

薄まったボクをなかなか感知してくれない
忌々しい自動ドアには・・・ (TдT)



カカオ


001-24-2.jpg




スポンサーサイト
カカオの部屋 | Comments(-) | Trackbacks(-)