Suite Sweet Suite

キミが鍵を開けたから、最後の部屋が とびきりSWEETなスイートになった
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPSuite Sweet Suite ≫ 1年に1回だけ ~窓からの景色~

1年に1回だけ ~窓からの景色~

豪華な食事も
贅沢なホテルも
普段は必要ないの


いつもは食事制限している私も
夕方まで珈琲一杯で過ごしてしまうあなたも
1年に1回だけは美味しいご飯を
お腹いっぱい食べよう


1年に1回だけ
窓から好きな景色が
見えるところに泊まろう


ほら また新たなありがとうが
2人の心に降り積もる



20170813-3.jpg


シロップ


   ************


台風が接近中ということで予定を繰り上げ、
着いたその日に伊勢神宮参拝を済ませたボクたち。

汗だくでようやくチェックインしたホテルで
案内された部屋の窓に青々と広がるその景色に
思わず歓声をあげました。


シ:「わぁ~、素敵っ♡」

カ:「おお~っ、何コレ? 湾みたいだけど
   伊勢湾? 伊勢湾一望なの!?」



ボクはその昔、函館の夜景を見ながら

ise36l.jpg
   ココ

だと信じて熱く語るという
恥ずかしい生き物だったことがあるので、


ise34.png
 (実際はココだった。


伊勢湾にまで騙されまいと一瞬慎重になったのですが、
シロップ・ナビによれば、「間違いない」と♪


それでボクたちは、点在する小島に松林、
和の情緒たっぷりの素晴らしい景色を堪能し、
夜はゆっくりと美味しい和食を堪能し、
一緒に露天風呂も堪能し、
その後も、いろいろと堪能し←

大満足で、心地よい眠りについたのです。



そして、その翌朝・・・


眩いばかりに青く輝いていた景色は・・・


一変していました!!

20170813-2.jpg

  「台風~~~っ!!」


一夜にして、まるで別世界にワープしたみたい。


シロップと二人、ぽかんと口を開けて
唸る風、打ちつける雨の轟音を聞きながら・・・

「自然って・・・
 地球って、スゴイ惑星(ほし)だなぁ・・・」

しみじみと感じていたのでした。

(それでも予定通りに
 水族館へは行く気満々だったけど♪)



ところで、後日調べてみたところ・・・

ボクがいろんな情緒を感じながら眺めていたのは、
伊勢湾内には違いなくても、

ise31.jpg
 たかだか、この部分

でした(笑)


内心、

「伊勢湾、小っちゃ!!」

って思ってたんだよね~。



カカオ






スポンサーサイト
Suite Sweet Suite | Comments(2) | Trackbacks(-)

Comment

不本意(笑)
編集
きっと、伊勢湾自身は、
『いやいや、私はもっと広いです!』
と思っていたでしょうね(笑)

地図で見ると
ビックリする位に小さな場所も、
人間の目には
大きく見えるものですね(笑)


年に1度の素敵な時間。
またお二人で共有出来て良かった♪

心も身体も
喜びと感謝でいっぱいにして
お互いまた、日々の生活に戻る。
それぞれの場所に戻る。

いつの日か、
『戻る場所』が一緒になります様に。
そんな日が早く来るといいな(^^)
2017年08月14日(Mon) 07:42
ふぁにばにさんへ
編集
こんばんは♪

お久しぶりです!
またこちらでもこうしてお話が出来て、とっても嬉しいです♪

おおお、確かに!
伊勢湾の身になって考えてはみませんでした!

「ちょっとちょっと~、カンベンしてよ~」
だったでしょうね(笑)
函館の夜景の勘違いに至っては、
北海道全土からブーイングが来てもおかしくないような(汗)

まったく、
どんだけ大きいつもりなんねん、人間?
って感じですよね~♪(←人ごとかっ!)


いつの日か「同じ場所に戻る」日が・・・

はい♪ きっと来る…と言うか・・・

二人にしてその日に向かって
着実に歩き続けていきたいと思っています!
(台風だって、わざわざ遠くまで出迎えに行った二人ですから!爆)


優しいお声掛けを、
ありがとうございました!

2017年08月14日(Mon) 23:13












非公開コメントにする