FC2ブログ

Suite Sweet Suite

キミが鍵を開けたから、最後の部屋が とびきりSWEETなスイートになった
2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
TOPカカオの部屋 ≫ あだしごと ~それぞれの選択の妙~

あだしごと ~それぞれの選択の妙~

心のチューニング
してますか?

あなたという楽器が
あなた独自の音を奏でるためのチューニング

あの時の あの人たちや
この時の この人たちとのセッションに
合わせたっきりに
してませんか?

もし無理やりに弦を張りつめていたなら
早くあなた仕様に戻してあげないと
ネックが歪んでしまうよ

あなたの仕様にピッタリ合った
自然に響き合える音との出会いを
逃してしまうよ

あなたという楽器が
あなた独自の音を奏でるためのチューニング

人と同じでなくてもいいんだよ



   ************

昨年夏頃、
とあるセッション・イベントを終えた後に書いて
お蔵入りしていた記事です。

『ボクへ』と書いてあったので、
元々出す気はなかったのかもしれません。
セッションって緊張するし、知らない人もいて気も遣うし、
疲れちゃってたのかな(笑)


ギターというのは、とても器用な・・・
ある意味ズルっこい楽器で、
弦の巻き加減を調節することで
(もちろん限界はありますが)
全体のチューニングを変えてしまう事が出来ます。

それから「カポタスト」という便利な器具もあって、
たとえば「原曲キーから1音上げて」なんて突然言われても
然るべきフレットにソレを装着してしまえば、
弾き方は元の通りのままで弾けちゃいます。

大変ボク向き♪


一方でシロップが専門とするピアノは、
厳格な調律の施された、音の基準となる楽器。
どこかをちょいとイジッて上げ下げなんて、
そんなズルっこいことは一切出来ません。

ボクが「ねぇねぇ、この曲高いから1音下げて~」
なんて気楽に言っても
シロップは顔色一つ変えずにやってくれますが、
実は弾き方全部を変えなければならない
大変なことなのです。

シロップがギターもやってみたいと練習を始めた時、
カポタストを使って、より簡単なコードで弾くという
ギター特有のズルっこ方式を勧めたら・・・

「Cのコードを弾いているのにDの音が出ているなんて
 あり得ない・・・き、気持ち悪い・・・」


と、シロップの持つ絶対音感が邪魔をして
全く受け付けないようでした。

融通が利かないと言えば利かないけど
自分の中に絶対の音を持っていて、
周りに合わせて移調すべき時は
努力によって培った技術を駆使して
正攻法でしっかりと合わせる。

それって本当に凄いと思うし、
ピアノという楽器が

つくづく シロップ向き♪

であることに、

ボクはなんだか、
深い感銘さえ覚えるのです。

20180430-20.jpg

カカオ

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

Comment

私的小細工
編集
はじめまして♪ブログへのご訪問ありがとうございます。
今年から、とある管楽器の闇練をはじめたのですが、
練習用ミュートを付けるとド(実音B=シ♭)がレに上がって、
自然に(?)移調しちゃうんですよ。
でもミュートの上にさらにタオルを巻いたりするという姑息な手段で
どうにかBっぽく(1音下げっぽく)してます。
絶対音感ないので「ぽく」レベルですが。
相方さん、お大事に☆応援クリックしてます☆
2018年10月31日(Wed) 00:05
編集
ピアニストってすごい!頭の中でぜーんぶ1音下げた楽譜を思い浮かべて弾いちゃうってことですよね?(←すごすぎて本当にこの理解で合っているか不安なレベル)

音が合っている、合っていないが全く分からない私には衝撃的すぎて…ぼーっと通勤電車に揺られていたのですが目が覚めました(笑)
2018年10月31日(Wed) 08:58
音程が変えられるのは魅力ですね
編集
 バイオリンにチェロ、ギターにフルート、そして声楽。
 全部、音量ばかりか音の高さも変えられます。鳥の声も人間の声も、音の高さも強さも変えられるし、音質まで変更可能です。究極はオウムですね(笑)
 なめらかに音の高さを変える、それは私が学生能で齧っていた謡曲のテクニックにもあります。中国の歌曲も、元々中国語がアクセントの強弱ではなく音の高さを変えて意味を変える言語であるため、音韻を踏むのは当然ですが、歌でも非常になめらかに音の高さを移動します。楽譜では表現しにくいでしょうがね。自然界の音には一定の音階というものがありませんから、むしろその方が自然なのかも知れません。
 私自身、パイプオルガンやチェンバロ、フルートが好きですが、フルート以外は音程が変えられませんし、チェンバロに至っては音の強弱もつけられません。
 音量や音階が変えられないのは不自由ですが、楽譜から再現性の高い整合性のある曲が演奏できるというメリットがあります。左右対称のバロック音楽と、歪みを楽しむゴシック建設のような物でしょうか?
 能はミュージカルなので、ナレーション、コーラス、ソロ、曲なしのセリフなどがあり、セリフは歌うように、コーラスやソロは語るようにやれと指導されました。全体として違和感がないようにです。ピアフのシャンソンなども素敵な弾き語りがありますね。
 能や魅力的な歌や曲では、自由奔放な部分と形式的な部分とが巧妙にないまぜになっているようです。
 能において私は舞うのは苦手でしたが、謡いはかなり頑張って咽喉を酷使し、最後は高音のアルゼンチンタンゴを自分で練習していて完全にのどをつぶし、声帯結節で耳鼻科にも見放され、有効かもという漢方薬を6年ぐらい飲んで、結局十数年後に、以前の声量はもうありませんが、ようやく声がほぼ元に戻りました。
 残念ながら能は難解な古文であり、その内容を紹介したくて私のブログを立ち上げたのが始まりです。毎週木曜日に能の現代語版を紹介していますから、興味がありましたらシロップさん共々木曜日にどうぞ。
2018年10月31日(Wed) 10:36
No title
編集
いつもありがとうございます!

鍵盤楽器は、そうですよね。

ギターは使い勝手がよく柔軟性に富んだ楽器の反面、意外と指力がいるので、ひとつのフレーズを指を立ててしっかりと音を出しながら演奏できるようになるまで結構な時間を要します。

ロックギターでも、コードを鳴らすだけならそうでもないですが、音粒をそろえてフレーズを奏でる場合とか、それを痛感します。

2018年10月31日(Wed) 18:22
みけさんへ
編集
はじめまして♪

わかるような、わからないような…
ひょ~難しい~っ(汗)と混乱しつつも
興味深く拝読させて頂いてます。
コメントも応援も、本当にありがとうございます!

管楽器、何だろうからと思いながら
読ませていただきました。(闇練って…笑)

ミュートで上がってしまうって、困りものですよね(汗)
ギターのカポタストも、実は厳密に言うと、
ただ装着しただけではビミョーに狂っているんですよね。
着けた上でチューニングし直した方がいいのですが、
私は気にせずやっちゃってます(シロップなら許せなさそう。笑)

みけさんが何故その楽器を選ばれたのか、
しっくりくるモノを感じていらっしゃるか、気になります(笑)

管楽器は温度にも敏感と聞きますから、
タオル巻いて直ってくれるなら、寒がりなのかもしれませんね!(爆)

練習頑張ってください♪

ありがとうございました!
2018年10月31日(Wed) 23:18
トリコさんへ
編集
こんばんは♪

シロップがいろいろ説明してくれましたが、
頭の中で移調した楽譜を思い浮かべるというよりは、
見ている楽譜(または暗譜したもの)を
いかに鍵盤上で必要分ズラすか、ということみたいですよ~(汗)
黒鍵がやたら多くなってしまう移調などは
ホントに大変で、自分も苦手だと・・・。
その場は必死に何とかするとしても、
次の時までにはやはり、楽譜は書き換えてくるそうです。
(それをまた「やっぱり○調で~」とか平気で言う私。笑)

楽器は何かされるんですか~?
英語の方、頑張ってくださいね♪
私も錆ついて風化しかけてる自分の英語、
頑張って少しでも取り戻そうかなぁと思っているところです!

ありがとうございました♪
2018年11月01日(Thu) 00:15
motomasaongさんへ
編集
こんばんは♪

わぁ~、広い分野にわたってお詳しくてビックリです!
究極はオウム(笑)
たしかに、どんな楽器も敵わないかも(笑)

そしてmotomasaongさんも、能のみならずアルゼンチンタンゴ!?
すごいですね~(汗)

私はろくに学んだこともないのに
この頃は歌まで唄ったりもしておりますが、
本番に合わせての喉や体調全般の管理、調整が
本当に大変なんだな、と思い知った次第です。


> 元々中国語がアクセントの強弱ではなく
> 音の高さを変えて意味を変える言語であるため

中国音楽のあのなめらかな音階の運びは
(楽器だと、私は有名な二胡くらいしか思い浮かびませんが)
そういうところからきているのですね~!

学校の「芸術鑑賞会」的なイベントでしか観たきりなのですが、
「能はミュージカル」と聞くと、なるほど~、と。
現代語での意味をふまえ、そのくらいの畏まらない視線で
あらためて鑑賞してみたくなりました。

木曜日、ぜひお邪魔させていただきますね♪

興味深いお話、
ありがとうございました!

2018年11月01日(Thu) 01:10
ももPAPAさんへ
編集
はじめまして♪
こちらこそ、いつもありがとうございます!

はい~、ギターの
> 使い勝手がよく柔軟性に富んだ
部分に頼って誤魔化し誤魔化しやってる感の強いワタクシですが…(笑)

実は!
ももPAPAさんが書いていらしたスティーブ・ルカサーは、
私がギターを始めたころからずっと「神!」と崇めている存在でして♪
なんですか…
ルカサーモデル…?
あんな凄いモノをお持ちで…?

眠らせているとーっ!?

あぁ~、私もディマジオのピックアップ欲じい~っ!
(最近はもっぱらアコースティックばかりなのですが。笑)

いいなぁ~♡
是非ぜひ、たまには鳴らして楽しんでくださいね♪


ありがとうございました!




いいなぁ~♡(←しつこい。笑)
2018年11月01日(Thu) 02:17
編集
カカオさん、お返事ありがとうございます。
聞けば聞くほどすごい!の一言です。音楽は苦手なので、お二人のブログで自分の知らない音楽の世界を新鮮な気持ち&憧れの眼差しで読んでいます。

私は学生時代はお気楽な吹奏楽部員でクラリネットを吹いていました。3音くらい違ってもあまり分からないかも(ドとソくらい違えば分かるはず)…という絶望音感によりお遊びでの音楽すらしていません。でも懲りずに数年以内に今度はフルートに挑戦してみたいなぁと思っています。
2018年11月01日(Thu) 08:31
トリコさんへ
編集
こんばんは♪

絶望音感!!(爆)

で、でも絶対音感なんて、ある人の方が珍しいですし、
あって何が良かった?と聞くと、
「楽器なしでも譜面が書けるくらい…」で(←それだけで充分凄いですが。汗)
「かえって邪魔になることの方が多いかも…」
だそうですよ(笑)

クラリネットの経験に、今度はフルート挑戦!
トリコさんは木管の人なんですね~♪
私が勝手に抱いているイメージですが、
凄く合っている感じ♪

是非ぜひホントに挑戦してみてくださいね!
フルートとピアノ、とても相性がいいと思うし、
ゆくゆくはご一緒にお遊びセッションでも♪♪♪
(え~と私は~…楽譜めくり係で。笑)

ありがとうざいました!

2018年11月01日(Thu) 23:44
おはようございます!
編集
ご無沙汰です、

絶対音感のシロップさん、
キーボード、鍵盤の楽器の人にいますよね、
うちのカミさんは、ピアノの先生だから、
うるさいですよ、いろんな音が、
楽器の音に限らず、音階に聞こえるから、
少しずれたりゆがんだ音が聞こえると気持ち悪いと言っています。

楽器のチューニングにかけた、
「心のコンセントレーション」
とても分かり易く、例えば自分は何の楽器なのかなぁ、
などと想像してみたりしました、
思いつきませんでしたけれど、、、、

どうしても人に合わせようとしてしまう性格なもんでね、
先日、自分の記事でも書いた、
「塩パンの部屋」なんて、発想になってしまうんですよ( ´∀` )/

そのくせ合わせただけ、ストレスになってしまったりorz

自分、学生時代はアマチュアバンドのドラムス担当でした、
ただのコピーバンドでしたが、みんな一生懸命に練習、
合宿までしてね、小さなギグの為に、
でも、ボーカルの子と楽器担当の私達の好みが合わなくなってきて、
卒業とともに解散状態、
みんな就職して、でも、楽器担当のだった4人で
時々スタジオで合わせたりしてました、
でもアノ時みたいには、、、もう冷めてしまった感じでしたね、、、

イヤ~とんだ昔ばなしを、、、、

自分らしさを奏でられる調律は必要なこと!
またきます、ではでは~!
2018年11月02日(Fri) 05:39
ごめんなさい~(冷汗)
編集
 能は毎週日曜日に掲載しております。勘違いでした。すみません。
2018年11月02日(Fri) 07:56
No title
編集
楽器に命を吹き込むのは人間だと分かってますから、どんなに困難なチューニングでも腕次第で可能だと思います。
けれども人の心となると、楽器の様に音階が設定できる訳でもなく、チューニングする確かな方法がありません。
セラピストやカウンセラー、精神科医が寄ってたかって四苦八苦してますが、そもそも人の心は千差万別でこれといった基準はないのです。
いわゆるダウン症などの精神薄弱の人がいつもニコニコしてるのをよく見掛けます。ひょっとしたら、あの人達の方が人々よりよく心がチューニングされているのではなかろうか?と思う事があります。
2018年11月02日(Fri) 18:06
ダリルジョンさんへ
編集
こんばんは
お久しぶりです♪

おお~っ!
ピアノの先生の奥さま、絶対音感の持ち主でしたか!
「全部音階に聞こえる」って聞きますよね~。
私には想像もできないですが(汗)

どうしても人に合わせようとしてしまう性格、
それゆえに、ドラムと縁があったのかもしれませんね♪

ひたすら正確にリズムを刻んで、
「オレに合わせろ!」みたいな楽器に思われがちですが、
テンポの揺れるボーカル、突っ走るギター、
もたるベース、リズム感のない鍵盤(全部「たとえば」ですが)
それぞれの様子を全部掌握しながら、
なんとかまとめようとする役割なんじゃないかと
私は思っています♪

慣れだとか、年齢的に図々しくなったこともあるのか
最近わくわくやドキドキがないなぁと思っていたところだったので、
塩パンの曲の、
> トキメキのノックに耳を澄ましてみて
に、ハッとしました。

私もどちらかというと(こう見えて?)
周りに気遣い合わせることで疲れちゃうタイプで、
そればかりになって聞き逃しているトキメキのノックがあるのでは?
と(笑)

心のチューニング。コンセントレーションですね♪

自分自身のためのトキメキとの出会い、
まだまだあると信じて、頑張ります!

ありがとうございました♪
2018年11月03日(Sat) 01:55
motomasaongさんへ
編集
こんばんは♪

あ、日曜日でしたか~(笑)
わかりました~!

ご丁寧に、ありがとうございました!

2018年11月03日(Sat) 01:57
sado joさんへ
編集
こんばんは♪

確かに、セラピストさんやカウンセラーさんや
ご専門とは言え、人の心をチューニングするのは難しいでしょうねぇ(汗)

身体には人それぞれ「ベスト体重」というモノがあって、
自分のそれを知っている人は
保つために何をしたらいいかわかっている・・・
ストレスや反動を呼ぶだけの無理なダイエットはせず、
でも付き合いの飲み会が続いた時はどう、
食欲のない時はどう・・・

その「心版」みたいな感じで、私は捉えています♪

「精神薄弱」はその差別的な語感から、昨今NGワードですよ~(汗)
ダウン症の方々については不勉強で何も語れませんが、
いつもニコニコ…というより、
穏やかで優しく、喜怒哀楽を素直に表現できるという意味で、
ありのままの心を歪めずに保てる力を持った方々なのかもしれませんね。


ありがとうございました!


2018年11月03日(Sat) 02:34
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018年11月03日(Sat) 23:54
Re: 鍵コメTさまへ
編集
こんばんは(*^^*)

ありがとうございます。
友人たちに本当に感謝しています…
私も大切にしたいと改めて思いました。

Tさんも湯冷めされないよう
あたたかくしておやすみくださいね。

ありがとうございました(*^^*)
おやすみなさい…


2018年11月05日(Mon) 00:09
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018年11月05日(Mon) 14:40
こんばんは(*´∀`)
編集
シロップさん(^-^)お帰りなさい♪
カカオさん(^-^)良かったですね♪

祝(*´∀`)ノ復活♪♪♪( 〃▽〃)


でも…………
晴れた日ばかりじゃないですよね…………
雨の日は雨の日気分で
言葉を綴っても
カカオさんを始め
優しい皆さまが\(^-^)/こうやって
シロップさんを受け止めますから
大丈夫です(^q^)


先日【想いが重い】について
余所のブログでコメントした所
「本当に相手を想うなら
自分は重いとは感じない」と(-_-;)
はぁ…………そうかぁ…………
(あっ……ちなみに私が愛方に重いと言われたわけではなく
【会いたい】と断言するのは自分の一方的な気持ちで
「会える?」とか「会いに行ってもいい?」とか
だと答え易いって会話を書いたのですが(笑)
私も無意識ですが「会いたい」というワードは
使ったことはなく
話の流れを書いたものの…………何だかなぁ~と
思いながらここでのコメントで
お二人が嫌な思いをしていないか気になりました(泣))

とりとめなく愚痴ってしまいごめんなさい(*T^T)

2018年11月06日(Tue) 18:08
Re: 想さまへ
編集
こんばんは(*^^*)
優しいお言葉とお気持ちを、本当にありがとうございますm(_ _)m

そうですね…晴れの日ばかりじゃない…
それは誰にとっても同じだからこそ
雨の日も笑っていられるようにならないと、と
心はそれを目指すものの、なかなかうまくいかなくて^^;
生きることは日々学ぶことだなとつくづく思います。

想い…重い…。
私は想さんの「会いたい」についてのお話を読んで
共感しましたよー。
相手のかたに対する思いやりの気持ちを感じて
想さんらしいな、素敵だな、と思いました(*^^*)
うーん、本当に、色々な考え方の人がいるのが、
人間の人間たるところなのかもしれませんね…
ただ私もカカオもここで想さんに
そんなふうに感じたこと、もちろん一度もまったくないですよ!
そんな心配なさらないでくださいね(*^^*)

色々ありますが、晴れを願って、
そして雨の日にもできるだけ気持ちが上がる雨具を身につけて
できるだけ笑顔で過ごせると良いですね。
それにむけて頑張りつつ、私も祈っています。

ありがとうございました(*^^*)

2018年11月07日(Wed) 00:23












非公開コメントにする