FC2ブログ

Suite Sweet Suite

キミが鍵を開けたから、最後の部屋が とびきりSWEETなスイートになった
2018年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2018年09月
ARCHIVE ≫ 2018年09月
       次ページ ≫
≪ 前月 |  2018年09月  | 翌月 ≫

新クラブ発足のお知らせ

シロップが以前
「世界で一番素敵な女性」という記事で

“カカオがスカートを履かなかろうが
 足を開いて座っていようが、
 私にとってはこの世で一番素敵な女性”


と書いてくれた時、

Twitterへの更新通知に
こんな言葉を添えていました。


“それが褒め言葉にならないタチさんがいることも
 わかっているのですけれど、
 カカオはそうではないので伝えてしまいます。
 でも最近はもう、魂みたいな単位で見ているのか
 普段はあまり性別を感じなくなってきました(笑)”



ボクはそれに、家で何かバタバタしながら
ささっと目を通したのですが・・・

面白いこと言うなぁ~と思って、
翌日シロップにこう言いました。


「ボクの単位は、もはや『カタマリ』なんだね(笑)」


「カタマリ・・・?

 やだ、じゃなくてよぉ~~~!(爆)」



あ・・・

(慌ててまじまじと見直す)

ホントだ・・・


タマシイ・・・か。


でも、カタマリの方が面白いから、
間違ったままでいいや♪(←おい)


そんなカタマリのボクですが、
最近ついに、「気象病」とも呼ばれる
“気圧の変化で頭痛等の体調不良を覚える身体“に
なってしまったようで・・・

これはきっと花粉症と同じで、
一旦浴びた花粉(ならぬ「低気圧」)が
許容量を超えてしまったからには、
もうその度に必ず症状が出るに違いない(T△T)

と、ひとしきり嘆いて・・・腹をくくりました。
(アレルギーじゃないし、違うと思います)

偏頭痛持ちで心臓の持病もあるシロップは
当然気圧には敏感で、前々から時々こぼしていたので、

一緒にへこたれたり励まし合ったり出来る!

と思い、

「ねぇねぇ、気圧の変化がグラフになった
 頭痛予報みたいなアプリがあるらしいよ!」

と言ったのですが、

「あ、うん。でもそれを見ちゃうと
 大丈夫な時まで気持ちが影響されそうで、
 もうずいぶん前に消しちゃったの」


と・・・。
(静かにやり過ごすことに慣れてる・・・)

それでもボクは、花粉症のように
涙ボロボロ、鼻水ダラダラのような
目に見える悲惨な症状が出るわけでもなく、
かつてのボクのように
分からない人には全く理解してもらえないこのつらさを
ワーワーと騒ぎ立てたく・・・

低気圧による体調不良で苦しむ人を集め、

『低気圧クラブ』

を発足することにいたしました!

入会ご希望の方は、この↓入会カードに
簡単なプロフィールをご記入の上、
当ブログまでお申し込みください♪

(一緒に「つらい~!」とか「がんばろー!」とか、
 「台風ばかー!」とか言い合いましょう)



e46091574f913e5d3ee5a7ff9080a9a8-3.jpg


今回の台風・・・
風雨による直接被害はもちろん、
低気圧による体調被害も
最小限のうちに収まりますように。


カカオ


にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
Suite Sweet Suite | Comments(-) | Trackbacks(-)

デート動画がくれたもの

きっかけはささいなことで、
カカオが撮ってくれた動画でした。

どちらの地元でもない道頓堀で私たちは
いつにない開放感を味わっていて・・・
そのうちカカオが、内カメラを向けて
私たちを撮ってくれたのです。

それは他愛のないお喋りの動画で、
もしかしたらデート模様を撮影するカップルさんは
多いのかもしれませんが、
私は初めての体験でした。

それを、帰宅後に再生してみたとき・・・

「この女の人は、何て幸せそうなんだろう」

ハッとして私は画面を見直しました。

そこに映る私は、自分で知る自分とは全く違い
よく喋り、顔をくしゃくしゃにして笑い
全身でカカオの隣にいることを楽しんでいました。



私は時々、自分を許すことがどうしてもできず、
幸せになってはいけないのではないかと感じてしまいます。

美味しいものを食べても、綺麗な景色を見ても
自分が関わっている
家庭環境の良くない学童のことを考えて
自分だけがこんな思いをしていることがつらくて、
そして、もっともっと頑張らなければ、
つらい思いをしなければならないと
自分を追い込んでしまいます。

演奏している自分の映像は多いけれど
それを観ても何とも思わなかったのは
きっと私が演奏するとき、
とことん苦悩しているから(良くないことですけれど)。
幸せそうに見えたことはなかったし
それで良いのだと思っていました。

だけど、カカオの撮ってくれた動画を観て
私は、幸せそうな私をはじめて認識し、
そしてそれを、恥ずかしく思いませんでした。

不思議な気持ちでした。

「・・・この人も一生懸命頑張っているなあ。
 この人も幸せになってもいいかもしれないなあ」

自分のことなのに、人ごとみたいだけれど
言葉にするとそんな感じで・・・

カカオと付き合ってからずっと
彼女が伝え続けていてくれたこと、
それが少しわかったような気がしました。

これが自分を慈しむという気持ちなのかもしれない、
そう思って、何度も何度も
動画を再生し続けた夜でした。



シロップ


20180927.jpg


にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村










Suite Sweet Suite | Comments(-) | Trackbacks(-)

ボクたちの道頓堀デビュー

「カカオ、アメ村は行ってみたい?」

「アメ村ってナー二?」

「えっ? アメ村知らないの!?
 アメリカ村は・・・(あーでこーで…)」


「あぁ、アメ横みたいな感じ?」

「アメ横ってナー二?」

「えっ? アメ横知らないの!?」



そんな電話相談から始まった、
ボクたちの日帰り大阪デート。

バンド繋がりの友人の大阪遠征ライブに
“関西くくり”で誘われたシロップ。
実際には結構遠くて誘える友だちがいないというので、

「ええ~い!
 大阪デートも兼ねて、一緒に行こう!」


ということになったのです。


大阪・・・

ボクは若い頃に仕事で何度か行ったことがあるくらいで
ほとんど知らないに等しく・・・

一方シロップにとっては、
学生時代からの何年間かを過ごした懐かしい街。


当時のいろんなエピソードを聞きながら・・・

アメリカ村でたこ焼きを食べたり、

000_3.jpg
(そして、名物?の古着屋巡りをしつつ
 結局どこにでもある某有名チェーン店で
 スウェットを買うという・・・)


ちょっと歩き疲れたので、
通りかかったホテルのデイユースで休憩したり・・・
(何故か予約がしてあるという・・・)←おい


戎橋で外国人観光客の多さに圧倒されながら
グリコの看板の点灯を待ったり、

000_4.jpg
(そして、肝心のグリコの看板は
 写真を撮り忘れるという・・・)


他とは味が違うらしいよ~♪という
「王将」本店の餃子を食べたり、

000_6.jpg
(そして本店も何も、
 ボクにとってはこれが初「王将」だったという・・・)


さらに、何の大型ビジョンなのかもわかりませんが、
「アソコに立つと映るみたいだよ!」
シロップを引っ張って行き、
晴れて(?)道頓堀公共デビューも果たしてきました!

000_9.jpg

(これぞ観光客のなせる技。笑)


その後向かった友人のライブもスゴク良くて、
ボクにとっての初とも言える
大阪(心斎橋周辺)観光の1日は、
美味しくて、楽しくて、とても充実した1日となりました。


大阪という、シロップにとっての大切な街の記憶に
ボクも加われたことも
なんだか嬉しかったのです♪


000_1.jpg
ライブを大盛況に終えた友人と♪


カカオ


にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村





Suite Sweet Suite | Comments(-) | Trackbacks(-)

私の「片翼」は、あなた・・・?

先日読んだ本で
「片翼」という言葉が出てきて、
それから色々と考えています。

(考え込んでいるわけではなく
 面白く空想しています^^)


運命の相手と出会えて、もう片方の翼が揃い
2人で大空を飛べるようになる。

時々聞くような話ではあるのですが、
そこに出てきた「比翼の鳥」という言葉が気になって
調べてみました。

すると・・・



20180922-4.jpg
「比翼の鳥」
雌雄それぞれが目と翼を一つずつもち、
2羽が常に一体となって飛ぶという、
中国の空想上の鳥。
夫婦の仲のよいことにたとえられる。



・・・おおーっ。

なんと・・・

・・・男女限定の話だった・・・。


と、いうことは
もしも私とカカオが比翼の鳥として生まれていたら・・・


20180922-1.jpg

まてよ・・・ 

すると・・・

こうすると、飛べる・・・
20180922-2.jpg
のかな・・・?
(む、無理があるかも・・・)

ああ、私もカカオも、
比翼の鳥として生まれなくて、良かった~!


・・・と、ここまで考えたところで
カカオがむかーし、別のところで
片翼について書いていたことを思い出しました。

片翼という概念そのものに
問いかけるようなその文章。

その時、私はコメントで

「私だったらきっと、もう片方の翼を探すのではなく
 自分自身で必死で生やそうと、ずっと努力しながら
 もがき続けてしまうような気がします」

と、そう書きました。

「そして、羽に無頓着な自由人に
 ずっと憧れていそう(笑)」とも。


その時はカカオに
「(努力体質の)シロップさんらしい~!」
と笑われたけれども、
今でもやっぱり、そう思います。

誰かがいないと飛べないよりも、
自分で動ける生き物がいいな。

カカオにも1人で
自由に動いていてほしい。

翼がなかったら、歩いていてもいい。
泳いでも、潜ってもいい。
出来る限り1人で立っている者どうしで
一緒に生きていたい。

もしも相手が困った時には
もちろん支えたいと思うけれど、
それは相手がいないと飛べないって
そういうこととは違うと思うから・・・

(個人の意見です

カカオもきっと、
もう片方の翼は探さないタイプの人。

比翼の鳥にはなれないけれど、
私たちらしい動きかたで
一緒に進んでいけるといいな・・・

20180922-3.jpg

シロップ


ところでカカオは、昔の私のコメントへのお返事に

「私だったら、翼が生える薬を発明して
 仲間たち相手に大もうけ~♪」

と書いていました。

カカオの方がよっぽど「らしい」と思う・・・(笑)



にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村



Suite Sweet Suite | Comments(-) | Trackbacks(-)

ごめんね・・・犬神家の稲子

ボクのワンコ、14歳の柴犬、稲子。
20180517-10 - コピー

持病の甲状腺や腎臓の数値は安定しているけれど
最近ますます足腰が弱って踏ん張りがきかず、
かなりヨロヨロするようになってきた。


先日、稲子にとっての最愛の人間、
母のところへ車で連れて行ったんだけど・・・

これまでは、後部座席を前に倒してフラットにしておくと、
そこでおとなしく座って外を眺めたり
寝そべっていたりしていたのに、
このところは何故か落ち着かず
立ち上がっていることが多くなった。

なのでこの日も、やさしい運転を心がけていたのだけど
前の車が右折ウインカーとともに急な減速をしたので
やむなくボクもブレーキをかけたら・・・

ズボッ!という音とともに
稲子の気配が・・・消えた。

チラチラと後ろを見返しても・・・いない。

さっきまで落ち着きなく聞こえていた
ハァハァという息づかいさえ聞こえない。

どういうこと!?

焦って、運転席の後ろに手を伸ばして探ると・・・


いた・・・!

フラットにした部分と運転席の背もたれとの間の、
わずかな空間・・・つまり、後部座席の足元部分に
落ちてハマっちゃったんだ・・・!

でも、右側から触っても、左側を探っても、
稲子の顔がない・・・


こ、これは・・・なんか、ヤバイよ!


ボクはすぐさま車を寄せて停車し、
飛びおりてハッチバックを開けながら叫んだ。


「稲子ぉぉぉーーーっ!!」


稲子は、なんと・・・


こんなことになっていた。↓



000000-02.jpg



「わぁぁぁーっ!待ってろ!すぐ出してやる!」


ボクはもう、心配と申し訳なさで泣きそうになりながら
稲子を引っ張り上げ・・・

なんとか事なきを得たのだ。


怪我もなく、パニックを起こしてる様子もなく
ケロッとしている稲子に

「ごめんよ、ごめんよ・・・」

何度も何度も謝りながら・・・

ボクもようやく安心したせいか、
不謹慎にも・・・


脳裏には・・・


コレが↓(許せ、稲子(≧≦))


000000_01.jpg


その後、
落ちた所にクッションなどで詰め物をして塞ぎ、
再び稲子を乗せたボクは・・・


何をやってるんだ、自分・・・
危ないなぁ、安全な乗せ方を考えなきゃ、
と思っていたくせに、
何故すぐにやらなかったんだ・・・。

大切な存在の安全、快適、喜びのために
出来ることがあるなら、即やらなければ。

年をとって弱々しくなってきた稲子に
出来る限りの介助をして、しっかり守らなければ。
だって稲子は・・・
ずっとずっと、
ボクの心を守ってきてくれたから。


車を走らせながら、
ずっとそんなことを考えていた。

脳裏から離れない「犬神家」のあのシーンと、
こみ上げる不謹慎な笑いを振り払いながら。


カカオ

(シロップに、あの深刻な場面の絵を頼むのが忍びなくて、
 今回の絵はコミカルにならないよう
 自分で精一杯写実的に描きました(←充分コミカル…(='m'))


にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村





Suite Sweet Suite | Comments(-) | Trackbacks(-)

世界で一番素敵な女性

先日、とある必要に迫られて
カミングアウトする機会がありました。

相手はもう20年以上前から知っている
同業者の男性です。

私の恋愛対象は女性なのだと告げた時
その人は相当驚きながらも


「それじゃ、あの時や、あの時も、
 つらかったのじゃない?」


と、純粋に私を思いやってくれたので
今度は私の方がびっくりしました。

そしてもう一つ驚いたことは、


「・・・男性になりたいの?」

と、聞かれたことです。


(カミングアウトは、
 場合によっては相手のご迷惑にもなるので
 滅多とはしないのですけれど、
 この時はそれが必要な事情があったので・・・)



私は普段、かなりフェミニンな格好を
好んでしているのですが、
(過剰でなければレースもリボンも好きです)
「恋愛対象が女性なら、もう片方は男性」という
シンプルな思いこみ(?)を正面から受けて
けっこうびっくりしました。
(別に嫌じゃなかったですが


女性として、女性が好き。

これはこれで、かなり
シンプルなことだと思うのですが、
違和感がある人もいることは知っています。

違和感どころか、

「異性に相手にされないから同性に走っている」
あるいは
「異性に飽きたから同性に手を出している」
はたまた
「異性に嫌な思い出があるから同性に傾倒している」
など、
そこに異性を絡めた様々な理由づけを
しようとする人もいます。


同性愛者にも色々な人がいるので、
上記のような理由に当てはまる場合も
もしかしたらあるかもしれません。

けれど多くの場合は、あまり異性は関係がなく
「同性に魅力を感じるから」
という、ごく単純な理由のような気がします。
(少なくとも私はそうです)


「好きになった人がたまたま同性だった」
というお話もよく耳にするので、
あくまでも人それぞれだとは思います


「男になりたいの?」と聞いたその人は
私がカカオと並んでいるのを見たら
どう思うかな。


20180919-10.jpg


「あ、こちら(カカオ)が男役なのね・・・」
と、思うだけかしら。

20180919-20.jpg
  (し、失礼かしら  良い意味でです )



でも私は、カカオの見た目よりも
女性として生きてきた中で培われた
カカオのバランス感覚が好き。

それは私が、女性に感じる一番の
女性的な魅力なのです。

だからカカオがスカートを履かなかろうが
足を開いて座っていようが、
私にとってはこの世で一番素敵な女性。

そういうことって、
なかなか説明しにくいから・・・

カカオが男役、私が女役。
そういうふうに見えていること、
私もカカオも、ごく自然に受け止めて
普通に笑う日常です。

心の中で、
リアルでもカカオとシロップみたいな姿だったら
楽だったかもねー、なんて
ちょっぴり思いながら。



シロップ


20180919-30.jpg

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村



Suite Sweet Suite | Comments(-) | Trackbacks(-)

このブログについて、書きつくれば

『つれづれなるままに、日暮らし、硯にむかひて、
 心にうつりゆくよしなしごとを、
 そこはかとなく書きつくれば・・・』

この有名な『徒然草』の冒頭で、

『よしなしごと』を「良し無しごと=良くないこと」
『書きつくれば』は「書き作る=創作する」

だと思い込んだまま、
古文の授業は眠り続けた・・・カカオです。
(大昔の話…( ̄∀ ̄;))


そして実は、

『風立ちぬ、いざ生きめやも』・・・も

「風が立たないから、生きるのやめよう、もう」

だと思っていたことを
大人になっても誰にも言えずにいたのですが・・・

先ほど、

『生き・めやも』は、
「生きようか、いや生きることはない」「どうして生きたりしようか」
という意味になってしまう。
これは「さぁ、生きよう」という意のヴァレリーの詩を
引用した作者が誤訳したもので、
正しくは「生きざらめやも」になるのでは・・・?

と書かれたモノを読んで、

「おお!そこは当たっておったか!」

と、ウヒャウヒャしておりました。


ボクたちがこのブログを始めた時に
ボクがシロップに言ったことがあるのですが・・・

それを、
ボクのこの過去のハチャメチャ古文で言うと
こうなります。(←誰にも望まれていない)


「ねぇシロップ、(このブログに関しては)
 よしなしごとは、書きめやも~」



良くないことは書くのはやめよう。
という意味になります(ボク的には。(* ̄m ̄))

良くないこととは何か?

いつも明るく前向きな「いい子ちゃん」でいよう
などということではありません。

ボクたちの間で(または自身に)起こったことなら、
喧嘩だろうが、つらかったことだろうが、
ネガティブ思考からの落ち込みだろうが、
何を書いてもいいと思っています。

ただ、それらをその良くない気持ちのまま
ただ吐き出すのではなく、

「どう捉え、どう扱い、どう解決していったらいいかを、
 書くことを機に精一杯考えて、
 ほんの微かでもそこに
 次へと繋がる光を灯しておけたらいいね」

そう言い合ってきました。

なによりの「良し無しごと」は、きっと
関係のないはずの他人のアレコレをネタにしての
くだらない噂話や悪口、陰口。
誰かを攻撃したり、傷つけたり貶めたりするようなこと。

心の状態によっては、誰だってしてしまいかねないことで、
当然ボクたちの中にだって、ドロドロとした感情が渦巻き
吐き出したくなる時はあります。

でもそれをしてしまうことは、
暇を持て余した諍い好きなネット民を喜ばせることはあっても、
結局は他でもない、自分を貶めているだけで、
何ひとつ「良し無しごと」なんじゃないかな・・・と。


だから、これからも
「良し無しごと」のNGはそのままに、
とは言え、そう頻繁に会えるわけでもない二人なので
恋愛のこと、二人のこと、という枠にとらわれすぎず、
正しい意味や文法での

『(心にうつりゆく)よしなしごとを』
『いざ、書きざらめやも』

どんなとりとめのないことでも
さぁ、どうして書いてみないってことがあろうか

の精神で、
気負わず淡々と綴っていけたらいいなと思っています。

たとえ同じようなことの繰り返しになろうが、
芸も刺激もない、ワンパターンだろうが。
20180904-20.jpg
カカオ


にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村




Suite Sweet Suite | Comments(46) | Trackbacks(-)

一瞬の中の永遠 ~”ずっと”という言葉~

「お誕生日おめでとう
 素敵な一年になりますように^^」

日付が変わった頃、
そうメッセージをくれたカカオ。


「ありがとう*^^*
 一緒にいてくれてありがとうね。」

そう返信した私に、カカオは



「これからも、ずっとね^^」


と返してくれました。



”ずっと”・・・


もう長く付き合っているけれど、
多分、私たちの間で、
”ずっと” というワードは出たことがなかったはず。

お互いに色々な経験をしてきて、その上で
あまり使わないでいる言葉の一つでした。
少なくとも私にとっては。

先のことは誰にもわからないし、
いつどこで、どんなひとと出逢うか
それは運命のようなもので、
相手を信じているからとか、
そういうことじゃなくて・・・
恋に落ちてしまったら、どうしようもない。
それは、カカオも私も、平等に。


それでなかったとしても、
恋愛のありかたや表現は時を経て変わっていくもので
・・・とにかく、”ずっと”がある意味
危険なワードであることは、
お互い(カカオは特に)わかっていたはずだったのです。


だからこそ、この不意の”ずっと”に
私は一瞬びっくりして・・・


そして、

20180914-4.jpg

こうはならなかったし、
また

20180914-2.jpg

こうなるつもりもないけれど・・・


ただ、なんともいえない
じんわりくるような温かさに
包まれたような気持ちがしました。

20180914-3.jpg


ずっと先のことなんてわからない。
わからなくていい。

今のこの瞬間の”ずっと”を
私は心に刻みつけました。


今そう思ってくれたということ。

その瞬間のことは、例え未来がどうなっても
ずっとずっと、輝く真実だから。




シロップ



にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村


カカオ、ありがとう!
私も”ずっと”大好きよ。





Suite Sweet Suite | Comments(-) | Trackbacks(-)

プレゼント上手は生き上手

「服を買うのだ。
 ここを去る時は絶対に
 買った服をこの手にしているのだ」

そう心に誓って
ショッピングモールに足を踏み入れた。

ボクは買い物が大嫌い。
いや、
手当たり次第なんでも買えるご身分なら
きっと大好き。

でも、さすがにそうはいかない。
つまり、余程ピンと来るモノに出会わない限り
選ばねばならない・・・
それがもう、苦痛で仕方ないのだっ。
(単なる・・・しかし極度の優柔不断。(ノ_-。))


およそボクには縁のない
『大人フェミニン』な感じの店に入ってみた。

ボクの視線がそれに向かっていたのか、
すかさず若い店員さんが

「ワンピースをお探しですか?」

と寄ってきた。

「え~と、あのぉ~・・・(・Θ・;)」

モゴモゴしながらまた
うっかり近くのヒラヒラしたモノを触ってしまうと、

「ブラウスですか?」・・・と。


「いや、あの、私のじゃないんですけどね」

ボクがそう言うと、
店員さんは贈りものだと理解したようで、
とっても安心したように笑った。


おや。

爽やかで可愛い♪


それからボクは、贈る相手のタイプ・・・
身長から体型から好みの色、普段の服装の傾向、
性格などを(←いるのか?)こと細かく伝え、
多分1時間くらいはその店でその店員さんと
あーでもないこーでもないとやっていたと思う。

「ちょっと着てみてください」と、
何着ボクに着させられたことか、店員さん。

(がっつり捕まっちゃったから
 もうここで買わないわけにはいかないな)

と思ったけど、
捕まっちゃったのは、店員さんのほうだったかもね(笑)

爽やかな笑顔のままでレジを打ちながら、

「いつお渡しになるんですか?」

と聞かれたので、

「明日には発送します」

と言うと、

「ウチでも配送も承っておりますが?」・・・と。


あぁ、どこまでナイスな人なんだ。


「ポイントカードをお作りになりますか?」

と聞かれ、

「いやぁ、いらないと思う」

と言ったのは失礼だったかな。
(爽やかに笑っていたけど)


一緒に買いに行って自分で選んでもらったり、
たまたま差し迫って必要な実用品があって
「じゃあ、これがプレゼントね」にしたり・・・
(ロマンチックのカケラもない・・・(-。-;))

よく考えてみると、ボクが勝手に考えて
シロップの誕生日プレゼントを買ったのは
これが初めてかもしれなくて・・・

自分の好みの押しつけではいけないし、
あまりに無難でいかにも、なモノでもつまらないし、
贈りもの選びというのは本当に難しいものなんだと
つくづく思い知った。


手堅さの中にも
自分らしさと冒険心を。


おお。
まるで人生のようだ。


人生というのは、
長い長い時間をかけて考えたり、探したり、
迷ったり、失敗したりを繰り返す、
自分への贈りもの選び なのかもしれないな。


そんなことを考えながら、
ちゃんと誓い通りに服を買ってのけたボクは
あの店員さんの笑顔に負けない爽やかな気分で
ショッピングモールを後にしたのだった。

配送を頼んじゃったから手ぶらで・・・

それだけ少し、
心もとなく思いながら。



カカオ

     気に入ってくれるかなぁ~。
20180914-10.jpg

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村



 

Suite Sweet Suite | Comments(-) | Trackbacks(-)

1日に何度も・・・

朝 ボーッと
スープを飲んでいる時だったり
20180911-1.jpg


車のエンジンを
かけた時だったり
20180911-2.jpg


何の脈絡もなく ふと
会いたいという気持ちが溢れて

自分でもびっくりしてしまう




仕事の帰りにスーパーで
野菜を選んでいる時だったり
20180911-3.jpg


寝る前に
電気を消す時だったり
20180911-4.jpg


何も考えているつもりのない時でも
心の中のカカオが私の胸をノックする



夢できっと会えるね


20180911-5.jpg


シロップ




にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村




Suite Sweet Suite | Comments(-) | Trackbacks(-)