FC2ブログ

Suite Sweet Suite

キミが鍵を開けたから、最後の部屋が とびきりSWEETなスイートになった
2018年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2018年05月
ARCHIVE ≫ 2018年05月
       次ページ ≫
≪ 前月 |  2018年05月  | 翌月 ≫

勝間さんその後~「彼氏とどう?」という質問によせて

カカオが書いてくれた前回の
勝間さんのカミングアウトに関する記事・・・


それを読んだ後、このことに関してもう一つ
私にとって印象的だったニュースがありました。

それは、勝間さんと仲の良かった
漫画家の倉田さんという女性が
ラジオで話されていたことです。


仲が良かっただけに、今まで何度も普通に

「彼氏と一緒に住んでるんでしょ?」
「結婚はしないの?」

と、お相手が男性であることを前提に話し
それで傷つけてしまっていたかもしれない・・・と
後悔している、というお話でした。


それを読んだ下衆人(ゲスト)の皆さんは

「そんなことは個人的に言えばいいことなのに
なぜメディアで言う?」

「自己満、いい人アピールか?」

あるいは

「そんなこと言い出したら何も聞けなくなる!」

などと、辛口コメントが多かったのですが・・・


私は、何て言うんでしょう、

「そんな、後悔なんて・・・
  あなたは何も悪くないですよ・・・」

そんな思いと共に、なんだかほんわりと
あったかい気持ちになったのでした。



どこまで気を使うかということの基準は
人それぞれだし、基本的には
相手が明らかにしていないことは
わからなくて当たり前・・・

それでも、聞かれた方は少し寂しい気持ちになり
聞いた方も後から知って何とも言えない気持ちになる、
そういうことって、色々あります。


たとえば私も、自分の思い出として、
「お父さん何してる人?」とか
「自分の部屋どんなん?」とか
そういった質問には毎回
ちょっとうろたえる気持ちがありました。
(孤児なので・・・)


屈託なく本当のことが言えたらいいけれど、
それってやっぱり、言うと
「あの子とは遊ばない方がいい」と言われたり
就職の際ハンデになったり
住む家を借りられなくなったり
そういう問題が発生するから、
「言うと相手が困るから」という理由のほかにやっぱり、
自分を守るために、「答えない」という選択を
する時もあります。


それは恋愛対象に関しても同じで、
もし、仕事相手から
「彼氏と最近どう?」と聞かれたら
私も勝間さんのように、
否定せず話を合わせることでしょう。

本当のことを答えない、私もやっぱり
そこで相手に罪悪感を感じます。

そこまでで終わりで当たり前だと思っていたけれど、
今回のように、聞いた側の人も
「あの時あの人はつらかったろうな」
と思ってくれる、
それをとても素敵なことだと感じたのです。


何もかもを正直に言える社会になれば
それは確かに素敵なことですが、
難しい問題がそこにはたくさんあって。

けれど人と人とが、お互いに
言葉を大切にし、発言を振り返り
相手の立場にたって考えることができたら
それだけで心が救われるような気がします。


倉田さんはきっと本人にも伝えたと思うけれど、
こうしてメディアでお話してくれたことは
決して自己満足なんかじゃなく、
とても意味があると私は思ったのでした。



シロップ

20180531-2.jpg

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
Suite Sweet Suite | Comments(-) | Trackbacks(-)

ビー・マイ・ゲスト(下衆人)♪

なんてったって、父の遺言が

「カカオよ・・・どんな時でも
 やじ馬精神だけは忘れるでないぞ」


だったくらいだから、


『下衆の勘ぐり』


するする。
ボクもする。もちろんする。

事情を知らないなら考えてもいけません、
なんてナンセンス。
見てるだけじゃなくて野次も飛ばすからこその
『やじ馬』だもんね。考えなくちゃ。

ただ、詳しい内情は何も知らない以上、
それがまさに
『下衆の勘ぐり』以外のナニモノでもないかもしれない
という自覚と
野次として飛ばしていい相手、場面なのかの
判断力、あるいは直感力を持つことは必要。

もしかしたら、その辺が人間の・・・
『品性』ってモノを決めるんじゃないかな。


勝間和代さんの同性愛カミングアウトについて、
単純に生きやすくなるだけではないだろうことは
重々承知の上での行動と踏み、
とりあえず、ここでコッソリ「いいぞ!」と野次を飛ばしたい。

交際を発表したお相手の方の過去の『同性婚歴』と
交際開始としている時期から、大いに予想されたであろう
「ホントは被ってたんじゃないの?」的な勘ぐりからの厳しい声も

「BE MY GUEST♪」 (どうぞご自由に♪)

くらいの覚悟でいられなきゃ、
なかなか出来ないことだよね。


案の定アチコチで見かける
多くの下衆人(ゲスト)たちの辛辣なネットでの書き込みを眺めながら、

(有名人は大変だなぁ・・・
 カミングアウトなんて言葉が必要なくなって
 死語になる時代が来たらいいなぁ・・・)

なんて、
何の声を発するでもなく考えていたら
それだけでなんだか疲れちゃって・・・

ただトボトボと、火事場を後にしたボクであった。
(やじ馬失格。父よ、許せ)


カカオ
IMG_5199-20.jpg

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村



同性を愛するということ 勝間和代のカミングアウト
https://www.buzzfeed.com/jp/daisukefuruta/katsuma-masuhara?utm_term=.gd42OzePm



カカオの部屋 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ボクたちの「心伸ばし計画」


『心のストレッチ』ってナニ? 


と、ボクは考えていました。


慢性的に肩こりが酷いボクとシロップは、

「よし!今日から一緒にストレッチだ!」

と、毎日電話で言い合っているのですが・・・


20180527-10.jpg
   (↑マジメにやれ (-_-;))


恋愛は(良くも悪くも)心は大きく振れるもの。
とは言え、ボクたちは遠距離なので
逢えない間にそれぞれの日常生活のストレスから、
二人とも身体だけでなく
心も縮こまり、硬くこわばってしまっているような気がして。

ストレッチと言えば『伸ばす』という意味・・・
だけど、
身体と違って“実体のない心”を伸ばすって
一体どうやったらいいんだろう・・・と。


傷やシコリなど、心の深刻な問題については
専門家にお任せするのとして、
そういういろんな療法って(ボクの勝手な想像だと)
心を過去へと連れ戻しているイメージ。

希望を持って何か夢を思い描くことで
心を活性化させるのも良さそうだけど、
その場合は逆に
未来へと心を送り飛ばしているイメージ。

どちらも今現在の心のコリを取るために
ストレッチで伸ばしているって感じでは
ないように思えるのです。

ん~・・・たとえば、

アキレス腱を伸ばさなきゃいけないのに
  20180527-30.jpg


地面から かかとが浮いちゃってるような?

20180527-0.jpg



それで、ふと思い浮かんだのが
『好奇心』でした。


『奇なるものを好む心』


それって歳と共に影をひそめて、
好むどころかどんどん
『嫌奇心』に変わっていってないだろうかと思うと、
ちょっと・・・ゾッとする。

居心地いいけどくだらない。
楽しいけど嘘だらけ。
優しいけど馴れ合い。

『癒し』だ『発散』だと言いながら、そういう・・・
入手にも維持にも
たいして苦労や面倒のないものばかりの中に
どっぷり浸かってやしないかな。

広く見回せばきっとあるはずの奇なるモノ、
凄い、美しい、素晴らしいモノに心の目を向け、
でもまずは、無理に背伸びするのではなく
かかとはしっかりつけたまま、
知りたい、近づきたい、触れてみたいと思う気持ちを
素直にまっすぐ伸ばしてみること・・・

自分で出来る『簡単 心のストレッチ』の第一歩って
もしかしたら、そんな感じなのかもしれないな…なんて。


ついつい陥りがちな心の運動不足。
その都度解消していかなくちゃ、
こわばったり衰えたりしていくのは身体だけじゃないよね・・・

なんて思う今日この頃・・・(汗)


「よし、シロップ!

 今日から 心も ストレッチだ!」




カカオ

20180527-20.jpg
  (↑なんか、ちが~う。
    ってか、まず身体からやれ...o(-_-;*) )


にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村





Suite Sweet Suite | Comments(-) | Trackbacks(-)

同性じゃなくても好きだった?

「好きになったひとがたまたま同性だった」



「同性であるそのひとを好きになった」

の2種類だったら、私の場合に当てはめると
後者だといえると思います。


カカオの前にも女性とお付き合いの経験があり
はっきりと同性愛者であることを
自覚していた私。

なぜ女性が好きなのか、と問われると
様々な理由が思い浮かびますが
それらは、異性愛者である男性に
同じ質問をしたときの答えと
おそらくそう変わらないと思います。


私は女性が好き。
女性であるカカオが好き。


・・・なのに。

不思議なことにカカオは、
「男性っぽいところ」も持ち合わせたひとです。


(メイクポーチの記事で書いたように
私は本来、女性っぽさとか男性っぽさとか
そういうふうに分ける必要はないと
思ってはいるのですが、
ここでは便宜上「っぽさ」という言葉を
使うことにしたいと思います)


ただ単に男っぽいというのと
カカオの場合はまた違って、
そこがまた不思議なのですが・・・


メンズの服や小物を好んで身につけ
大股で歩き、
無造作に畳んだお札を
カバンに直に入れていたり。


そして、そうかと思えば
長い髪を綺麗に手入れし、
ごく自然なメイクをし、
夏はペディキュアを塗ったりもして。


とても細やかに気を使う性格だし
大抵の気持ちはよくわかってくれるのに、
女心に関してだけは、時々本当に疎かったり。(笑)



色々なカカオに出会うたび、思います。

「生物学上は女性」であって、
女性の肉体を持っていることに
特に不都合を感じていないカカオだけれど、
もはや、どちらかの性別に分けようとすることは
まったく意味のないことなのかもしれません。


そして私も、女性が好きだからといって
カカオに女性らしくしてほしいとか
もっとこうなって欲しいだとかは
全然思わなくて

足をガバッと開けて座っているカカオも、

かがむとき中が見えないように
Tシャツの胸元をそっとおさえるカカオも、

どちらも自然に感じるし
同じ存在として大好きです。


今の私はもう、
女性だからカカオを好きになったのではなく
カカオがカカオだから好きになったと
そう言えるのかもしれません。



シロップ



20180525.jpg



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村






Suite Sweet Suite | Comments(-) | Trackbacks(-)

例外をくれる、ボクの愛する女性たち

ボクは『一目惚れ』というのをしたことがない。

美しい容姿に目を奪われることはあっても、
中身も知らず、心まで奪われて(奪わせて)しまうほど
ギャンブラーではないのだ。



・・・稲子を除いては。
 20180511-3 - コピー
 (ブログ上の名前を「稲子」に正式決定しました)


出会いから、夢にまで見ること数日・・・
意を決して、ボクは稲子を迎えた。


稲子は期待を裏切らず、
穏やかでおとなしい、とてもいい子だった。

ちょっと心配になるくらい声を発しないので、
寝言で小さく「ウォウウォウ」言ってるのを聞いて
安心したくらい。

いわゆる犬らしい覇気がなくて、
もしも野生に放たれたら
狩りではなく、農業していそうな感じ。

ボール投げなら、2回で充分な感じ。

20180517-10.jpg

1歳を過ぎた頃、急に
ますます元気がなくなってきたので検査をしたら、
甲状腺ホルモンが足りない病気だったことが判明。

以来、毎日薬で補いながら、
14歳(人間で言うと80歳くらいのおばあちゃん)になった今も
ボクのそばで、変わらず穏やかに
稲子なりに元気でいてくれている。


そんな稲子とシロップの最初の出会いは数年前。
デート先から、稲子を預けていた母宅に二人で寄って
一緒に夕食を食べた時だった。

実はシロップ、子どもの頃に
大きな犬に追いかけられた恐怖体験があって・・・

20180517-20.jpg

以来初とも言える犬との接近遭遇には
不安があったのだけど、

「ヘンに構おうとせずに知らんぷりしていれば
 稲子も普通に放っておいてくれるから」

そう言って心がけてもらい、なんとかセーフ。

と言うか、後でシロップに聞くと、

「稲子さん、食卓の下で
 ご飯中ずっと私の足先に乗っかって寝てたの~♡」


と、焦りつつも嬉しそうに言っていて。

セーフどころか、意外と成功だったんだな、と
ボクも嬉しくなった。


そしてまた、しばらく経って・・・

やはり同じような状況で
稲子も待つ母宅へ行った・・・

その時・・・



20180517-30.jpg


気づいた稲子はボクには目もくれず (--,)
嬉しそうに小走りでシロップに駆け寄ったのだ!

シロップも、前回で少しばかり自信をつけたのか、

「稲子さ~ん♪」

なんて言って しゃがむものだから・・・


ドーン!


まさかの喜びタックル!!(゚Д゚ノ)ノ



ボクは『ヤキモチ』というのをやいたことがない。

正確に言うと、信頼あればこその関係だと思っているので
そのゆるぎない信頼を持ってしても
「ん?それはちょっと・・・」
とモヤモヤする(させられる)ほどの何かがあれば
それをヤキモチなんて甘いもので誤魔化すほど
ギャンブラーではないのだ。


・・・稲子とシロップの

この盛り上がりを除いては。 (@o@ !!

20180515-10.jpg

カカオ
(嬉しいヤキモチってあるんだね。笑)

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村




Suite Sweet Suite | Comments(-) | Trackbacks(-)

この灯りが消えるまで


子どもの頃暮らしていた施設にて、
マッチ売りの少女の本を読んで
みんなで不思議に思ったことがありました。

それは単純な、子どもっぽい疑問です。

「どうしてマッチ売りの少女は、
 知らないものを夢見ることができたの?」

彼女が擦るマッチの炎の中には
すごいご馳走や、大きな暖炉や
キラキラのクリスマスツリーが浮かんでいました。
 

「この子は昔、お金持ちの家の子だったんじゃないかなあ」

1人がそう言いました。

そう思ってしまうのも無理ないくらい
その頃の私たちは、食べたいものを思い浮かべても
冷たくない納豆ご飯、とか
カリカリに焼いたシャケ、とか
そういうものしか出てこなかったのです。

大人になった今でも、最後の晩餐には
何が食べたいかと聞かれたら、
食べたことのない満漢全席とかよりも
自分が今まで食べた中で一番好きなものが
出てくると思うのですが・・・
どうなんでしょう?

とにかく、子どもの私たちには
貧しい少女がご馳走を思い浮かべられることが
不思議でならなかったのでした。



     **********



けれどもその頃の私たちは
実は同じことをしていました。

夜になるとみんな、豆電球の灯りの中に
一生懸命思い浮かべていたのは
あたたかい家庭や、優しい両親、
そして誰かに思い切り愛されること。

それを知らない子しかいなかったわけではないけれど
圧倒的多数だったことは確かで、
知らないのに、経験していないのに
無意識の中ですら一心に夢見ていました。


私ももちろん夢見ていました。
あたたかい家庭を夢見たこともあったし
ませているかもしれないけれど、
まだ見ぬ誰かと愛し合うことも。


自分が心から愛せるひとと出会い、
そのひとにも心から愛されるということ。
奇跡のようなそのことを、
いずれ来るのかどうか不安に思いながらも
一生懸命夢に見ていました。



それから私は大人になり、何度か恋を繰り返し
そしてカカオに出会いました。

豆電球に灯し続けていた夢の
その中にいるようなこの幸福は
決して当たり前のことではない、と思います。


愛を知らなかった私の夢、想像は
時に現実とは隔たりがあるけれど
それでも私なりに一生懸命、
願い、努力し続けたい。



少女の擦ったマッチにも、
最後は大好きだったおばあさんが出てきて
そのあたたかさは、ある意味現実になります。


私も何とか生きてきて、歳を重ねた今
カカオと出会えたことに深く感謝し
この灯が消えるまで、一緒にいたいと願うのでした。



シロップ

20180520-3.jpg




にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

※「マッチ売りの少女」
版によっては、マッチを擦った時見えたものは
うずくまっていた家の中が透けたものであり
少女の想像ではないという説がありますが、
ここでは私の記憶している絵本の描写を
もとにして書いています。





Suite Sweet Suite | Comments(-) | Trackbacks(-)

「アイシテル」の循環



背中から抱きしめられて
静かに 話しているとき


やわらかい笑い声と共に
時折 きゅっと
抱く腕に 力を込められる



そのたびに私は
声にならない「好きだよ」を聞き

「かわいい」と思われたことを感じる


厚かましいまでのプラス思考だけれど
こういうときはそれが良い




きゅっと抱かれた腕をさすり
くすぐったそうに身をよじると


私の笑い声に きっとカカオも
声にならない「好きよ」を聞き

ほんのりと幸せを感じるはず



想いは循環し
私たちの心と身体を巡る


巡り巡って
あたたかく 発光するまで




シロップ



20180517-7.jpg

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村






Suite Sweet Suite | Comments(-) | Trackbacks(-)

出会った頃のボクたちの「方法」

英語に“open book”というイディオムがあって、

She is an open book.

と言ったら、(まるで開いた本のように)
「彼女は分かりやすい人」
という意味になるけれど・・・

つきあい始めた当初、シロップは何故かボクを
この正反対=『非常に複雑で分かりにくい人』
と認定し、しかも、
「決して無理に開こうとしてはいけない」と思ったらしく、

ならば・・・と自分で、


『カカオさんマニュアル』

なるものを作成していた。∑(゚◇゚ノ)ノ

(いや、よくボクの感じ方や考え方を聞いては
 「マニュアルに書き加えておかなきゃ!」と、
 冗談っぽく言っていた。
 実際に作っていたかどうかは不明だけど、
 なんでもメモ魔なので・・・うん、あり得る。笑)


ボクは、と言えば・・・

ボクは『一期一会』という言葉が好きなので・・・

「シロップの内面の複雑さ、分かりにくさから比べたら
 ボクなんかまさに“open book”なのに~(汗)

と、ひぃひぃ言いながら(←やや誇張あり)
その複雑さの一部分一部分や
距離を縮める毎に違った魅力を見せるシロップという人と
日々の電話やメール、たまのデートの度
必死に、大切に、新たな出会いを繰り返していた、という印象。


あの頃シロップが作った『カカオさんマニュアル』は
今のボクにもまだ有効なのかなぁ。
(まだ更新され続けているのかもしれない。笑)

ボクは一見複雑そうに見えるのかもしれないけど、
実はとても単純でわかりやすいと思うんだよね。
(ただ「健全」じゃないだけ。苦笑

本質を見抜くのが得意なシロップだから、
そのマニュアルを読み解くと、
結局それが浮き出てくるのかもね。

ボクはもう焦ってひぃひぃ言うことは減ってきたけど、
今でも日々、“今日、その時のシロップ”と
『一期一会』している感覚は変わらない。

それはずっと、
変えていきたくないと思っているんだ。


カカオ
20180316-10.jpg
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村






Suite Sweet Suite | Comments(-) | Trackbacks(-)

女心の食い違い

先日のデートの帰り際


「遠距離してて、もう何年も経つのに
 いまだにさよならは寂しくて・・・

 なんだか今日は特に帰りたくないわ」

20180513-20.jpg

と、甘えたら・・・




「そうなんだ・・・」

20180513-30.jpg



「それはやっぱり、仕事の問題が
 心に引っかかってるからじゃないかな?

20180513-50.jpg

 まずはその問題を解決する方法を・・・」


とカカオが言うので


20180513-40.jpg


「あのねえ、これは
 つらいことがあるから帰りたくない
 っていうお話じゃなくて・・・

 カカオが愛しくて、離れるのが寂しいっていう
 お話なのよ・・・」

という私の言葉に

20180513-60.jpg

「やっちゃった」的に
笑っていたカカオでしたが


そのまた後日・・・


「今日はなんだかとっても会いたいな・・・
 いつも電話してるだけで幸せなのに
 変よね、どうしたんだろう」

20180513-70.jpg

と、甘えてみた私に




「五月病じゃない?」

20180513-90.jpg


カカオって女心がわからないわけじゃなくて、
物事を建設的に考えたり、
具体的な解決策を考えるという方法で
愛情を表してくれる人なのです。

わかっているんだけれど、
たまにその食い違いと
女心が迷子になる感じが面白くて
一緒に笑い出してしまうのでした☆


シロップ


20180513-80.jpg

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村







Suite Sweet Suite | Comments(-) | Trackbacks(-)

さよなら、涙目、そして愛し抜くこと

ボクは愕然としていた。

互いのワンコの近況を
つい先日盛り上がって話したばかりの友人が出した
愛するチワワちゃんの突然の死を知らせるSNS投稿。

「カカオさんのところの柴ちゃんは?
 え? もうそんなお歳?
 そうか、偉いねぇ、頑張ってるねぇ」

彼女のチワワちゃんより4つ年上のボクの稲子(仮名)に
そんな言葉をもらったばかりだった。

喪失感と悲しみでいっぱい。
それがヒシヒシと伝わり、胸がしめつけられる。

そして、お悔やみのコメントもいっぱい。
あぁボクは・・・
一体なんて書いたらいいんだろう・・・。


どんな言葉も所詮無力だとしても、
きっと声をかけることに意義がある・・・
それは間違いないだろう、と感じながら
他の人たちがつけたコメントを読ませてもらっていると・・・

こんな言葉を見つけた。


「無理しないで、
 本当につらい時はつらがっていいんだよ」


うーん・・・

うーーーん・・・

言いたいことはわかる。
よくわかる。


でもボクはこう思う。

「つらいつらい」って
つらがってもいいのは、つらがりたい時。
本当に本当につらい時は・・・
一刻も早く乗り越えられるように頑張らなくては。


「家族の一員」として迎えた命。
いつかお別れの時が訪れることは承知の上、
いや逆に、最後まで責任を持てるからこそ迎えられた命。

最後の最後まで愛し抜くということは、
そしてこれからも愛し続けていくために必要なのは、
そのつらさをも しっかりと受け止めたよ、という愛を
追って天に昇華させてあげることなんじゃないか・・・

なんて・・・

いつか、そう遠くない将来ボクにも訪れるであろう
稲子(仮名)とのお別れの時を考えて涙目になりながら・・・

ボクはボクなりのお悔やみの言葉の最後にあえて、
普通、苦しんでいる人には禁句なのかもしれない言葉を添えた。

祈るような想いを込めて・・・

「頑張って!」と。


カカオ
20180511-3.jpg
 【ボクと稲子(仮名)】
  (シロップの描く稲子(仮名)には愛があるなぁ…♡)

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


ここしばらくコメント欄を閉じておりますが、
単純に、ゆっくりしっかりお返事する時間がなく でのことですので、
ご理解のほど宜しくお願いします
<(_ _)>




カカオの部屋 | Comments(-) | Trackbacks(-)