Suite Sweet Suite

キミが鍵を開けたから、最後の部屋が とびきりSWEETなスイートになった
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年04月
ARCHIVE ≫ 2017年04月
      
≪ 前月 |  2017年04月  | 翌月 ≫

あーい(愛)って、こーい(恋)って

人間として持っていたい、追求していきたいと思う
9つの大切なこと…

自分の『価値観』、とも置き換えられるソレに
(欠如していると指摘された)『美』、どころか
『愛』という言葉もなかったことに気づいて愕然とした…

と、シロップは書いていました。


愛・・・


愛ねぇ・・・


愛って・・・


なんでしょね?


以前、Twitterのタグ遊びに
#恋とは? 愛とは? というのがあって、
ボクは半分ふざけてこう書いたことがありました。


 恋は、感嘆符
 愛は、句読点



恋って饒舌な上、ビックリマーク(!)だらけ。

それに比べて愛は
自分の中で静かに淡々と続いていく祈りみたいなモノで、
願わくば相手にも伝わりますようにと
わかりやすく丁寧に句読点を打っていく・・・

そんなイメージ。

そういう漠然とした表現なら
アレコレ考えようもあるのですが…


愛って・・・


なんでしょね?


シロップにはシロップの確固たる定義があるのかな。

ボクには定義できないから、『9つの大切』にも
わからないモノは書けなくても不思議はないんじゃない?
なんて、つい思ってしまいますが・・・

でも、少なくとも
『誠実さ』、『思いやり』、『優しさ』、『忍耐強さ』等々、
シロップが挙げた言葉のほとんどは、
『愛』なるものに繋がっているのではないか、という気がするのです。

そして、それらひとつひとつを
もうシロップは自分のモノにしていて
しっかりとボクに向けて注いでくれている。

それをボクは、シロップからの
紛れもない愛情だと感じています。

愛とは感じるモノで、
語るモノではないのかもしれませんね。


だからということでは全然ないのですが・・・


饒舌で、感嘆符いっぱいに愛を語り、確認したがる『恋』は
人さまを見ている分には微笑ましくて愉しいのですが、
自分には…あまり向いてないみたい。


「あなたはまだまだ、
(私たちの関係において)『恋』がしたいんだね」


シロップが記事中で取り上げていたように、
そんな、上からとも冷たいともとられかねないセリフで
戸惑わせたり、悲しませてしまったりもします。


そのことは直接関係ありませんが、
実は最近、似たようなことでのちょっとしたすれ違いから
重苦しい空気になっていました。
705-10.jpg


ボクは、それがイコール相性だとまでは言わないけれど
やはり価値観は似通った人がいいと思っています。

違いを理解・尊重する『努力』は大切とは言え、
やはり限界がある。
それなしに通じ合えるとしたら、
それはお互いに対して『才能』があるということで
何よりのことだと考えるからです。


でも、その才能に胡坐をかいて
努力を忘れてしまっては元も子もないですよね。

どれだけ長く一緒にいようとも、
ひとりよがりに相手を知った気にならないこと。

似通っているからこそ、その分の余裕を活かし、
違いをより大切にしていくこと。

時には相手を鏡にして、自分の姿も確認していくこと。


シロップが考えてみたという
『カカオから感じる、カカオにとっての9つの大切』も
見せてもらおうと思っています。


今回のこのシロップの2記事は、実はボクに
そんな新たな気づきと思いを抱かせてくれたのでした。



カカオ

706-10.jpg
 あ…あの…、落ち込んでいるワケじゃなくて、
 預かってるイラストのストックがコレしかなかったんです・・・(汗)





スポンサーサイト
Suite Sweet Suite | Comments(14) | Trackbacks(-)