Suite Sweet Suite

キミが鍵を開けたから、最後の部屋が とびきりSWEETなスイートになった
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOP ≫ CATEGORY ≫ Suite Sweet Suite
CATEGORY ≫ Suite Sweet Suite
       次ページ ≫

普段感じない歳の差だけど


9年前のカカオは今の私と同じ歳

その頃の写真のカカオは

今の私よりずっと若々しくて

ずっと余裕のある女性に見える




今のカカオは私より9つ上

9年後の私は今のカカオのように

聡明で柔軟な女性になっていられるかな




今から9年経っても 私たちは9歳差

時が追いつくことはないけれど

せめて賢くなっていたい

今から18年分の努力をするから

心は同じ時代で並べるように




シロップ

20180716.jpg



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村








スポンサーサイト
Suite Sweet Suite | Comments(-) | Trackbacks(-)

ロマンチストの呟き

大昔、もう何で読んだのか忘れてしまったので
引用元を書くこともできませんが、
印象に残っている台詞があります。


若い女性が母親にお見合いを勧められて
拒否している場面。

「私は恋愛結婚がしたいの」

と言う女性に、母親は

「恋愛の良い時なんて、せいぜい
 2年くらいしか続かないの。
 その後はみんな同じなんだから
 良い条件の人を選んだ方がいいのよ」

というようなことを話して聞かせ・・・

それを聞いた女性が叫ぶのです。

「わかってるわよ!
 だからこそ、その2年だけは最高の恋愛がしたいの!
 その2年の思い出があるから、その先の一生を
 やっていけるんじゃない!」


台詞は私の記憶によるものなので、
間違っているところも多々あるはずなのですが
ニュアンスはこういうことでした。


それを読んだ時の私はまだほんの少女で、
まずお母さんの言葉と思考に驚き、
そして反発するであろう娘の
「わかってるわよ!」という台詞に
もっと驚いたのを覚えています。


そうか、恋愛とはそういうものなのか。

当時の幼い私はそれをすっかり信じ
なんだか儚いなと歎息したのでした。


さて、大人になった私は、
恋愛にも人間にも様々なタイプがあることを
今はもう知っています。

どうやら自分が、どちらかと言えば
ロマンチストの部類に入るということも
恥ずかしながら自覚しています。


私はとにかく付き合うと長続きするタイプで
別れかたも「恋愛が終わったから」ではなかったことが多かったから
愛が現実の中で力尽きていく、という現象を
ほとんど味わわずにきたと言っても過言ではなく・・・

だからこそ、不安になることもあるのでした。

不安というのは、相手の恋愛感情が
変化したらどうしよう、ということではなくて、
変化しない自分への不安です。


ロマンチストでない人が、もしもそのことを
時折相手に申し訳ないと思っているとしたら、
その反対も同じです。
私も時折、好きよという言葉さえ呑み込むことがあります。
いつまでもロマンチストでごめんなさい。
そんな想いと共に。


でも最近は、相手に同じロマンを強要さえしなければ
私は私のままでも良いのかもしれない、とも思います。

変化しないというのは、恋愛における感情表現のことであって、
二人の関係性を変化させたくないというわけではなく・・・

また、相手の表現が変わっても
大切なものがなくなったわけではなくて。

そのあたりをきちんとわかっていれば、きっと大丈夫。

そう思える大人になった今、子供の頃はわからなかった
あの冒頭の台詞の意味がわかったような気がします。


恋愛にどういう意味を見出すかは人それぞれ。
それを人生の通過点と捉える人と
一生を支えるかもしれない輝きと捉える人、
色々いて良くて・・・

大切なのは、自分がどういうタイプで
何を心の底から求めているか、
それを誤魔化さず受け入れて、体現することじゃないかって
今はそう思います。

2年だけじゃないし、条件でも選ばない。
私はそういうタイプで、
私には私の追い求めるものがある。

それが私の恋愛。
きっとそういうことなんだって。



シロップ


20180714.jpg




にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村




















Suite Sweet Suite | Comments(-) | Trackbacks(-)

あなたといる時の自分が一番・・・

『あなたといる時の自分が一番好き』


ドリカムの名曲、『決戦は金曜日』の歌詞の一節です。

ヒットした当初、この部分を聞いて、

(わかるなぁ~、いい恋をしてる時って
 そういう感覚になるよね~)

と思ったものでした。

相手のことがとっても「好き」、ゆえに
相手を喜ばせたい、幸せにしたいと思う、ゆえに
自分がとても自然に思いやりのある「いい子」になれて・・・

自然体なのに「いい子」だなんて!
相手をハッピーに出来て、わぁ♡ハッピー♪
そんな自分も好きで、あら♡もっとハッピー♪


・・・みたいな。


眩しくて、サングラスなしには直視できない時期ですね。



でも皮肉なことに、ボクがつくづくそう思ったのは、
当時つき合っていた人との関係において既に

『あなたといる時の自分が一番嫌い』

になっていた頃のことで・・・

こうも変わるかなぁ・・・と、
自己嫌悪を更に募らせながらのことでした。(-。-;)


そして、この歳になってあらためて
当時のわが身も振り返りつつ考えてみたのですが、

相手のことを「好き」ゆえに
自然体で「いい子」になれて輝いてる自分が好き

なのは、基本とても素敵なことだけど・・・


すっごい落とし穴もあるよねって・・・(-_-)


まぁ簡単に言ってしまうと、ひとつは

「好き」とか「自然体」ということへの思い込み

本当にその人が、その人だからこそ好きなの?
必要だからとか、いろいろ都合がいいからとはではなく?

というのと、

その素敵なアナタ・・・本当に自然体? 作ってない?
という問題。(←ここは特に、過去の自分を大いに省みて)


それから、もうひとつは
「いい子」とか、「相手を幸せにしている」という思い上がり

こういうことって、得てして
自己認定には危険が伴うものだと思うのです。

まぁ、
♪思い過ごしも恋、それでもいい、今のうち
  思い込んだら、もう夢見るようでいたいから~♪

も、わかりますけどね・・・。(イチイチ曲が古いな…(-_-;)


『あなたといる時の自分が一番ラク』

結局ボクは今、
コレに尽きると思っています。

相手を幸せにするなんて大仰なことじゃなく、
自分が笑顔を見たいから頑張ろう、という気持ちが大事。

本当の自分、自然体同士でいれば
ぶつかることもあるでしょうから、
とことん話し合って理解を深める努力も、
時には諦めて流す要領も必要。

でも、一緒にいて、やっぱり心地いい。
何だかんだ言っても、楽だなぁと思えることが、
何よりなんじゃないかと。


ボクとシロップは、『決戦は金曜日』も『思い過ごしも…』も
それなりには通過してきたと思いますが、
そろそろ・・・
『楽』の領域に入っていけたらいいね♪
というあたりに来ているのかも・・・?

そんなふうにも感じつつ・・・

突然ドリカムの曲が浮かんだワケがわからなくて、
さっきからキッカケを
必死になって思い出そうとしている次第です。



カカオ
IMG_3916-10.jpg
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村









Suite Sweet Suite | Comments(-) | Trackbacks(-)

シロップ、感動の初ヒット!

書こうとして書けなかったこと、その2から・・・

先日の記事とはだいぶ内容が変わりますが、
まったく別の理由から出せずにいた
カカオとの思い出を書きたいと思います。

(書けなかった理由はとても個人的なことなので
 ここでは割愛いたします^^;)


私の地元で、カカオも含む
女子4人で遊びに行くことになった日。

せっかくグループだから、賑やかに遊ぼう!
そう思って向かったのはここ・・・


spo90.jpg


アミューズメント施設で
スポーツして遊んできました!


実はずっと、ここでカカオと
遊んでみたかった私。

なぜかというと、カカオは学生時代
ソフトボールに打ち込んでいたのだけど、
その雄姿を噂には聞けど
ちょっとなかなか、具体的に想像しにくくて・・・

(だ、だって、今のカカオは
 どちらかというとインドア派で
 スポーツしている姿があまり
 似合わなさそうな・・・ゴ、ゴホン)


でも私のそんな素朴な疑問は
バッティングブースに入って
たったの1球目で吹っ飛んでいきました!!




「カキーーン!!!」

 spo3.jpg


20180709.jpg
 す、すごいーーっ!!


カカオは「全然すごくないよ」と言うのですが、
野球経験のない私からすると
腰のひねりとかスイングのスピード、
そして彼方まで飛んでいくボールが
ありえないほど凄まじく・・・

すごい! すごい!!

ずっと興奮しっぱなしのシロップ。


画像を見たカカオは、「酷い手打ちだ~」と
恥ずかしがっていましたが、
ブログに残しておきたいの!と許可を得て・・・
ああっ、本当は動画を載せたいけれども
私の連写画像にしておきますっ


spo2 - コピー

その後、「やってみ?」と
バットを渡されたシロップ。

えーっ・・・
テニス部だったけど、休みがちだったし・・・
そもそも運動神経がアレで;;

おどおどとバッターボックスに立ち
何度か振るも当たらず・・・

するとカカオがそばに来て
優しく教えてくれたのですが、
そこから起きた不思議なこと。

「握る手のココとココを絞るように合わせて」

「ココを締めて」

「身体の向きはこう、目線はこうで」

カカオの言う一つ一つを実行するたびに、
それらしい構えに変わっていく私。

そして次に教わったように振ってみると
まるで魔法をかけられたように
球が当たり始めたのです。

(私以外の二人も、同じように
 教わったあと打てるようになったので
 カカオ効果間違いなしだと思う!)

「あ、当たる! 当たるっ!」

おどおどしながらも嬉しくて
夢中で打っていたら、

「次で最後だよ、思い切り振って!」

カカオの声がして、文字通り思い切り振ると・・・

ガァン!!

大きな音と共に、腕に
感じたことのない痺れが走り、

「いだだだーーっ!」

と叫んだ私・・・

何が起きたのか、まったくわかりませんでしたが
なんと打ったボールはマシーンの奥の壁へ。
私、生まれて初めてのヒットを打ったのでした♪


すごく楽しかったし感動的な体験でしたが、
そのあと数日間、腕が上がらなくなってしまい・・・
部活で毎日鍛えている人は本当にすごいと思ったし、
それを懐かしい思い出として話すカカオを
ますます尊敬した私でした。

20180709-2.jpg
この日は他にもテニスやビリヤードなど
とっても楽しい一日でした^^


シロップ


にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村




Suite Sweet Suite | Comments(-) | Trackbacks(-)

晴れでも雨でもユーモアの傘

降りしきる雨に

傘をさしても

20180702-10.jpg


気がつけば今度は

燦々と照りつける日差し


20180702-20.jpg


ころころ変わるお天気に

心も身体もおかしくなりそうだけど

お疲れさま のひとことで

救われたり元気になったりする



しんどい時こそ にっこり笑って

私も お疲れさま を周りに伝えていこう


誰もがにっこりできるような

面白い傘 さして・・・



 20180702-30.jpg
シロップ



面白い傘を考えるのって、難しいですね。
自分の創造力の無さに赤面です・・・^^;


にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村




Suite Sweet Suite | Comments(-) | Trackbacks(-)

一人何役、12級

音楽仲間たちとの賑やかな酒の席で、

「実はずっとエレクトーンをやっていて、講師レベル」

と言うヤツがいて、
(女。たまたまレズビアンのタチ)

「ボクもやってた」

と言ってやった。
(別に変な対抗意識はない)


目がキラーンと輝いたので、

「12級だけど」

と言うと、一応愛想笑いは浮かべたものの
またたく間に曇ったその目が

(何だコイツ、うぜぇ)

と語っていたので

(ちょっとくらいツッコめよ、つまんないヤツ)

と、目で返してやった。


しばらくして、
そいつがソフトボールをやっていたと言い出したので、

「ボクもやってた」

と言うと、
(別に変な対抗意識はない)

「へぇ~」

と言って、うすら笑いを浮かべながら、また

(どうせ小学校の授業で、とかでしょ)

と、蔑んだように目が語っていたので、

(鬼の外部コーチがいるようなマジ部活で 
 ピッチャーで4番でキャプテンじゃ、ボケぇ)


と、目で返してやった。
(クドいようだが、別に対抗意識はない)


このエレクトーンレズが、実は、
惚れ惚れするような、とても腕のいいドラマーなのだ。

エレクトーンもドラムも、
両手両足、てんでバラバラのことをして演奏する楽器。

共通する何かがあるのかな、と思ったので、


 エレクトーンやってたんだから ←12級だけど
 ボクだってドラム出来るかもしれない!

707-2.jpg
 
と、妄想してみた。


でも、現実的に考えてみたら、やっぱり無理かなぁ。

だってドラムって、言ってみれば鼓笛隊の

1.テンポとりながら棒振って先頭歩く人、
2.大太鼓
3.小太鼓
4.シンバル

この4人分の役割を一人で担う楽器。

一人で何役・・・のようなことって
相手や場面によって、たとえば、

親(のよう)、子ども(のよう)、兄弟(のよう)だったり、
師弟(のよう)、恋人(のよう)、親友(のよう)だったり・・・

誰でもある程度使い分けてこなすものだと思うけど、

自分は自分、これが自分。
役によってそんなに上手いこと変えられない!
っていう不器用な人もいるワケで・・・

最近、ボクもその部類なのかもって、
ようやく気づき始めたんだよね。

「出来ない」って開き直ってる分、
出来なくても出来なくても必死に頑張ってる人より
器用に生きてる、とも言えるかもしれないけど・・・。


ボクは、大太鼓なら大太鼓、小太鼓なら小太鼓に、
自分のままで必死に取りくむ鼓笛隊。

自分は自分で保ちつつ、両手両足を器用に使って
いくつもの役を一体化してこなすドラマーとしては・・・

やっぱり、せいぜい
12級どまりなのかもなぁ。


707-1.jpg

カカオ


にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村



Suite Sweet Suite | Comments(-) | Trackbacks(-)

自分を好きでいるということ


教室の生徒が、ある日こう言いました。

「あのね、学校で自己紹介カードを書くの。
それがとっても難しいんだ・・・」


「どんなことが難しいの?」
そう聞いた私に、小学校3年生のその子は

「だってね、自分の似顔絵を可愛く描きすぎたら
自分で美人だと思ってるの、って言われちゃうし」

と言うので、私はびっくりしました。


「そんなことを考えなきゃいけないの?」

「うん。それに、『長所』っていうところも
やさしい、とか、足が早い、とか、書きたくないの。
そういうのって、自分で言うことじゃないし」

カードを覗き込むと、長所の欄には
「時間をわりかし守るところ」
と書いてありました。


私はなんだか、えもいわれぬ気持ちになって
ため息をつきました。

まだたったの3年生だというのに・・・
小さい身体の中で、一生懸命
こういうことを考えて生きているんだ。


こうして驚いている私も、
子どもの頃は同じだったような気がします。

人から褒められることがあったとしても
できるだけそれを出さないようにして
目立たないように生きているところがありました。
日本人にはわりと多い特徴かもしれません。


そういうことに気をつけながら生きてきて
それからたった数年後、受験や就職の時には
今度は「私のこんなところが良いですよ!」と
自己アピールしなければならないのも大変です。

それに、大切な人とかけがえのない関係を築く時にも
自分に自信がなかったら・・・
きっと思っていることもうまく言えなくて
苦労するだろうな・・・


「人のことばかり気にしないで
もっと思った通りに生きていいんだよ。」

そう言おうとした言葉は
口からうまく出ていきませんでした。
この子の気持ちと、周りを取り巻く状況が
とってもよくわかったからです。


そう言う代わりに私は、

「○○ちゃん、周りが良く見えていて、すごいね。
それは○○ちゃんのとても良いところだよ」

と言いました。

すると生徒は、はにかみながら
私の腕におでこをくっつけました。


「それから○○ちゃんのお顔、
ほんとは目がおおきくて、キラキラしてるよ」


それから私たちは、別の白い紙に
二人だけの内緒の似顔絵を描きました。

目がパッチリ、頬はバラ色のその似顔絵は
とってもかわいくて、
くすくす笑いながら、額をくっつけて
2人で夢中で描いた、それは
私にとっても、素敵な時間でした。

20180628-2.jpg

私は今でも自分のことはあまり好きではありません。
思っていることもうまく言えません。
根気よく聞こうとしてくれるカカオにさえも。

それでも関わる子どもたちには自己肯定感を持ってほしいし、
自分もまた、そのように成長していけたらと願っています。



シロップ



にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村





Suite Sweet Suite | Comments(-) | Trackbacks(-)